本のスキャン(自炊)

本のスキャン(自炊)

自炊PDFを使いやすい電子書籍として加工する

ScanSnap iX1500、iX500、S1500、S1300などで、本をスキャンした直後のPDFは、電子書籍としては若干使い勝ってが良くないので、下記の方法で使いやすいPDFに仕上げてます。 余白ページを挿入して本と同じ見開...
本のスキャン(自炊)

完璧主義には向かない? 自炊のメリット・デメリット

敢てここで書く必要もないと思いますが、本の電子化のメリットは下記の点が上げられます。 電子化のメリット 本を収納するスペース不足からの解放。 電子リーダー(iPadやSonyReader等)の容量を許す...
本のスキャン(自炊)

ScanSnapOrganizerとAcrobatの編集機能比較

Scansnap iX1500、iX500、S1500付属のScanSnapOrganizerとAcrobatには、共にPDFの編集機能がありますが、若干が違いあります。 そこで、それぞれの機能を比較し、違いをうまく使い分けることによ...
本のスキャン(自炊)

ScanSnapOrganizerで白黒PDFを傾き補正するとフルカラーになる

ScanSnap iX500、S1500に付属のScanSnapOrganizerの編集モードに“傾き補正”があります。この機能は、名前の通り傾いたページを修正するためにページの傾き具合を調整します。 フルカラーやグレースケールのPD...
本のスキャン(自炊)

ScanSnapOrganizer以外で制作したPDFを読み込む方法

ScanSnap iX500、S1500に付属のScanSnapOrganizerは、ScanSnapで制作した以外のPDFを読み込むことはできないようになっています。 ScanSnapOrganizerには、Acrobatに比べ様々...
本のスキャン(自炊)

スペース・予算で決める、本の電子化に必要な機材

ドキュメントスキャナと裁断機はは3万円代と比較的高価ですし、スキャンするために本をばらす裁断機も高価です。 そこで、予算や生活環境に合ったスキャナと裁断機の組み合わせを紹介します。 価格帯は3~6万円にな...
本のスキャン(自炊)

ドキュメントスキャナ DR-C125とScanSnap S1500を比較

キヤノンが新しいドキュメントスキャナ DR-C125を発売しました。自炊・電子書籍に興味がある人やScanSnap S1500を持っている人はスペックが気になると思います。 そこで、簡単ですがDR-C125とScanSnap S150...
本のスキャン(自炊)

値札シール跡を綺麗にはがす方法

ブックオフなどで中古で購入した本は値札が張られていますが、この値札シールを綺麗に剥がせないことがたまにあります。 自炊をする時、表紙にシール跡があると見栄えが良くないです。そこで、きれい剥がせる方法を紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました