本の表紙・カバーをスキャンする2つの方法

ScanSnapで、本を電子化(自炊)する時に取り込む、表紙カバーの方法について2つの方法を紹介します。

 

一括で読み込み、表紙カバーの部分だけをトリミングする方法

表紙カバーの折り込み癖を直して平らにし、一括で取り込みします。その後、ScanSnap Organizerまたは、Acrobatで表紙カバーの正面のみを残るようにトリミングします。表紙カバーを「全て忠実に保存・記録したい」という人向けです。

なお、Scansnapで読み込む場合、長い表紙だと途中でスキャンが中止され、途中で切れた画像(FDP)が出来上がります。

このような長い用紙を読み込む場合は、読み込み開始ボタンを2秒程押しっぱなし(長押し)すると、ランプが点滅して、長い用紙を読み込むモードでスキャンされます。

 

表紙カバーを裁断する方法

背表紙を裁断して取り除き、外側と内側をノリで張り合わせ両面で読み取る方法です。

最初の方法では、トリミングされた部分が(トリミングを解除しないと)見ることが出来ませんが、この方法ではトリミングが不要の為、裏面や内側に書かれた内容も見ることが出来ます。

上記の2つの方法で表紙カバーを加工することで、本を選ぶ際に下記のようにとても見やすくなります。

 

ScanSnap Organizerによる表示

 

iPadのiBooksによる表示

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました