完璧主義には向かない? 自炊のメリット・デメリット

敢てここで書く必要もないと思いますが、本の電子化のメリットは下記の点が上げられます。

 

電子化のメリット

  • 本を収納するスペース不足からの解放。
  • 電子リーダー(iPadやSonyReader等)の容量を許す限り、沢山の本を持ち歩ける。
  • OCRをかけた場合、本の内容を検索できる。
  • OCRをかけた場合、テキストがコピーでき、必要な部分をWORDなどにまとめることが出来る。

 

電子化のデメリット

  • 電子化したデータのバックアップの重要性。
  • 電子化でスキャンした本のデータ(画像)が、斜めになる場合がある。

 

バックアップは、データが消えてしまったら、本のデータも消えますので、日ごろからバックアップが重要です(外付けHDD/DVD-R、オンラインストレージ(sky drive/Dropbox/その他有料サイトなど)の2つにバックアップをしておけば大丈夫だと思います。

オンラインストレージに保存する時に、万一データの内容が見られたら…と心配な方は暗号化ソフトを使用して長いパスワードを設定することで、完璧ではないですが安全性を高めることができます)。

個人的に気になったのが、「スキャンしたページが斜めになる場合が多々あること」です。

ScanSnapには、スキャンした用紙が斜めの場合に自動で補正する機能(文字列の傾きを自動で補正します)がありますが、補正効果は若干良くなる程度です。

ページ全体が文字で埋まっている場合は効果が見られますが、「グラフ・写真・マンガ」や「意図的に文字を斜めにレイアウトしている」ページなどでは、斜め補正が効かない・まれにひどい斜め・90度に回転などの意図しない補正を行います。

また、自動補正機能は書籍との相性により、若干画像が荒れたり、ジャギー(ギザギザ)が現れる場合がありますので、機能をオンにする前にテストを行う必要があると思います。

 

それと、普段は意外と気づきませんが、本によっては元から斜めに印刷されている場合も結構あります(新書は比較的まっすぐですが、単行本などは斜めのページが含む割合が多いです)。

 

ページが斜めで読み込まれ、気になる場合はScanSnap Organizerの編集モードで修正は可能です。

しかし、斜めになっているページを毎回修正するのは大変で疲れてしまい、本の電子化自体が嫌になってしまいます。

当初、この斜めに読み込まれたことが凄く気になり1ページずつ補正してたのですが、時間だけが過ぎていく感じできつかったです。

それで、出た結論が目に余る以外の斜め読み込みは諦めることでした。

ですから、ある程度斜めになっていても「気にしない」ことが本の電子化・自炊を行う上で、かなり必要になります。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました