ScanSnap S1500 読み取りモードの圧縮比較

ScanSnap iX500、S1500の各読み込みモード(画像圧縮率)は、どのくらい違いができるのか比較してみました。

無圧縮画像は、canoscan LiDE40からFireworks CS4に直接読み込みました(大分前のスキャナなので画質悪いようです。あくまで参考程度で…)。

比較画像は同じくFireworks CS4でJpeg 画質99で出力しています。

 

スキャン比較となる用紙

比較となる用紙として、下記のScanSnap付属用紙を使用しました。圧縮の数字は、1が圧縮率が低く(=画質がいい)、5は圧縮率が高い(=画質が悪い)です。

 

スーパーファイン、カラー(300dpi)読み込み時の各圧縮比較

B5のカラー用紙の一部を拡大した画像です。

ファイルサイズは、上から 267KB/500KB/734KB/1,007KB/2,332KBです。

白地に黒文字の箇所は圧縮4ぐらいでも行けそうですが、赤の白抜き文字の箇所は圧縮2ぐらいでもにじみが見られます。ファイルサイズを考えると、圧縮2が無難のようです。

 

 

スーパーファイン、グレー(300dpi)読み込み時の各圧縮比較

B5のカラー用紙をグレーで読み込み一部を拡大した画像です。

ファイルサイズは、上から 220KB/435KB/622KB/1,879K/1,879KBです。

カラーと同じように、白地に黒文字の箇所は圧縮4ぐらいでも行けそうですが、(原稿での)赤の白抜き文字の箇所は圧縮2ぐらいでもにじみが見られます。ファイルサイズを考えると、圧縮2が無難のようです。

 

スーパーファイン、グレー(300dpi)読み込み時の各圧縮比較

白黒用紙をグレーで読み込み一部を拡大した画像です。

ファイルサイズは、上から 239KB/392KB/492KB/609K/1,100KBです。

圧縮3でも行けそうですが、文字の鮮明さで見ると圧縮2が無難のようです。

 

 

スーパーファイン、白黒(300dpi/600dpi)読み込み時の比較

白黒用紙を白黒で読み込み、一部を拡大した画像です。

画像は、参考としてグレー300dpi・圧縮1/白黒300dpi/白黒600dpiです。

ファイルサイズは、上から 1,100KB/66KB(PDF)/131KB(PDF)です。

白黒の場合、1ドットあたりの情報量が少ないため300dpiでも荒れた感じになりますので、600dpiでのスキャンが実用的です。jpgeのグレースケールに比べてファイルサイズが小さくすみます。

上のサンプルを見ると白黒の600dpiがグレーの300dpiより、かなり荒れて見えますが、実際表示する時は縮小されて表示されますので、荒れはそれ程、目立ちません。

 

上が、グレー300dpiで、下が白黒600dpi(画像クリックで拡大します)。

 

各スキャンモードで読み込んだファイルサイズ

こちらのファイルサイズを参考にスキャンモードを決められると良いと思います。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました