本のスキャン(自炊)

本のスキャン(自炊)

ScanSnapで本を電子化する手順について

ScanSnapと裁断機DC-210Nの組み合わで、本を電子書籍にするまでの大まかな流れを紹介します。 各ポイントの詳しい説明については、文中のリンク先をご覧ください。 1.本の裁断を行います 今回、電子化(自炊)...
本のスキャン(自炊)

本の表紙・カバーをスキャンする2つの方法

ScanSnapで、本を電子化(自炊)する時に取り込む、表紙カバーの方法について2つの方法を紹介します。 一括で読み込み、表紙カバーの部分だけをトリミングする方法 表紙カバーの折り込み癖を直して平らにし、一括で取り込みし...
本のスキャン(自炊)

ScanSnap S1500 読み取りモードの圧縮比較

ScanSnap iX500、S1500の各読み込みモード(画像圧縮率)は、どのくらい違いができるのか比較してみました。 無圧縮画像は、canoscan LiDE40からFireworks CS4に直接読み込みました(大分前のスキャナ...
本のスキャン(自炊)

自炊PDFを使いやすい電子書籍として加工する

ScanSnap iX1500、iX500、S1500、S1300などで、本をスキャンした直後のPDFは、電子書籍としては若干使い勝ってが良くないので、下記の方法で使いやすいPDFに仕上げてます。 余白ページを挿入して本と同じ見開...
本のスキャン(自炊)

完璧主義には向かない? 自炊のメリット・デメリット

敢てここで書く必要もないと思いますが、本の電子化のメリットは下記の点が上げられます。 電子化のメリット 本を収納するスペース不足からの解放。 電子リーダー(iPadやSonyReader等)の容量を許す...
本のスキャン(自炊)

ScanSnapOrganizerとAcrobatの編集機能比較

Scansnap iX1500、iX500、S1500付属のScanSnapOrganizerとAcrobatには、共にPDFの編集機能がありますが、若干が違いあります。 そこで、それぞれの機能を比較し、違いをうまく使い分けることによ...
本のスキャン(自炊)

ScanSnapOrganizerで白黒PDFを傾き補正するとフルカラーになる

ScanSnap iX500、S1500に付属のScanSnapOrganizerの編集モードに“傾き補正”があります。この機能は、名前の通り傾いたページを修正するためにページの傾き具合を調整します。 フルカラーやグレースケールのPD...
本のスキャン(自炊)

ScanSnapOrganizer以外で制作したPDFを読み込む方法

ScanSnap iX500、S1500に付属のScanSnapOrganizerは、ScanSnapで制作した以外のPDFを読み込むことはできないようになっています。 ScanSnapOrganizerには、Acrobatに比べ様々...
タイトルとURLをコピーしました