値札シール跡を綺麗にはがす方法

ブックオフなどで中古で購入した本は値札が張られていますが、この値札シールを綺麗に剥がせないことがたまにあります。

自炊をする時、表紙にシール跡があると見栄えが良くないです。そこで、きれい剥がせる方法を紹介します。

 

値札シールの粘着ノリがこびり付いて残ってしまった状態です。

この値札シール跡の上を何度か消しゴムで、ゆっくりこすると徐々に消しゴムカスにシール跡がくっついて綺麗に取ることができます。

 

このようにキレイにシール跡が取れて、汚れのない状態で、表紙カバーをスキャンすることが出来ます。

注意点として、

  • 消しゴムの素材によってうまく取れない場合がある。
  • CDケースなどのプラスチックについた値札シール跡を消しゴムで擦るとプラスチックが白く濁り薄い傷となるのでやってはダメ。

が、ありますので注意してください。

あとシール跡が広範囲に広がっている場合は、セロハンテープやガムテープでシール跡の上に強めに貼ってから剥がすといくらか取れると思うので、そのあとに消しゴムで綺麗にしてもいいかもしれません。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました