DC-210Nで単行本を裁断する手順

ディスクカッターのDC-210Nで、単行本を裁断する手順について書いてみます。

 

 

 

裁断する本は、単行本の表紙が柔らかいタイプです。

 

本からカバーを外します。

 

表紙は柔らかいので、手で引き散ります。背表紙も一緒に取るようにします。

 

表紙の隅に、ノリの付着跡が残るのは仕方ないようです。

 

裏側の同じ要領で取り除きます。

 

これで、本文からカバーが外れました。

 

本文を分割していきます。

 

急いだり、力を入れ過ぎると、斜めに切ってしまうこともあるので、ゆっくり切っていきます。

 

ノリが硬い時は、無理せず2回同じ場所を切ることで綺麗に分けられます。

 

この単行本は4つに分け切りました。

 

ディスクカッターのDC-210Nに単行本をセットして裁断します。

 

これで、裁断完了です。時間にして約4分といったところです。

 

関連記事

本の裁断/DC-210N
「本の裁断/DC-210N」の記事一覧です。
ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました