32インチ 2台をエルゴトロンのアームで設置する

32(31.5)インチ液晶モニター2台を一つのモニターアームに取り付けられるように、色々検討した結果、サンコーとエルゴトロンのモニターアーム組み合わせれば、上手く行くことが分かりました。

そこで、両方を買いそろえて組み立てた様子をこのブログで紹介・レビューしたいと思います。

 

サンコーとエルゴトロンのモニターアーム

というわけで、必要なパーツ・工具をアマゾンで購入。購入リストは下記の通りです。

 

 

エルゴトロンとサンコーのモニターアーム組合せ

32インチ2台

ポール、右モニターアームにはサンコー、左はエルゴトロンのモニターアームです。モニターの向きは両方とも横向きです。

 

32インチ2台縦

左側モニターを縦にした場合。ポールの位置はモニター同士の中央に配置。

 

サンコーとエルゴトロンのモニターアームの裏側

アームは両方とも「く」の字に曲げる必要があり、スペース確保の必要があります。

 

モニターの裏側

モニター左側縦向き、右側横向きの状態。

 

モニターの裏側

ポールの位置は右側モニター中央に配置。そのため、左モニターアームには「LX デスクマウント 延長用アーム」を追加し横幅を伸ばしています。延長用アームのカラーはシルバーしかないため、色に統一感がないのが残念。

 

 

ZepSon モニターアーム補強プレートに重いモニター

そして、最後にモニターアーム補強プレートについてです。1つのポールで32インチモニターを2台支えるため、机に負荷がかかります。そこで机の天板を保護する目的でプレートを取り付けます。詳しくは下記ページを参照。

 

ZepSon モニターアーム補強プレート レビュー
Amazonで「ZepSon モニターアーム補強プレート」を購入したので、レビューします。 モニターアーム補強プレートとは、モニターアームの一点にかかる重さをプレートで分散し、机の天板を「そり・ゆがみ・傾き」から守るためのもの...

 

 

横に曲げてスペース確保

右側のモニターはポールに直接取り付けられる「イーサプライ モニターアーム ポール取り付け 2軸」を使用。メーカーが違いますが、同じポール径35mmなのでそのまま使えます。

 

 

エルゴトロンの延長ポール

右側のサンコーモニターアームの長さを短くして、ポールの位置を調整(やや左寄り)した様子。短くする方法は下記のページをご参考ください。

 

サンコー 4軸式くねくねアームを短くする
acerの31.5インチのモニターの下にスピーカーを設置しているのですが… 右側のスピーカーは机の奥まで置けるのですが… 左側は丁度、モニターアームの支柱があり、机の奥まで置けません。 ...

 

現在、モニター・アームの組合せは、この状態で落ち着いています。

 

エルゴトロンのアーム詳細

エルゴトロンのモニターアーム

エルゴトロンのモニターアームは負荷がかかっていないと、上がった状態になります。

 

手で押すエルゴトロンのモニターアーム

手で強めに抑え込むとこのように下がります。

 

曲げたエルゴトロンのモニターアーム

モニターの横幅調整はモニターアームの角度で行いますので、場合によっては机の後ろにスペースが必要です。

 

アーム半分

モニターアームは2つに分かれており、一つ目をモニターポールに取り付けます。そして差込口にもうひとつ目のモニターアームを上から載せるように結合させます。

 

サンコーポールとエレゴトロン

2つのモニターアームの穴の大きさは35mmですので、それぞれ取り付けられます。

 

エルゴトロンのモニターアームの強さ調整

モニターアームの角度調整の強さは付属の六角レンチで調整可能です。

 

エルゴトロンの裏側

エルゴトロン LX デスクマウントに31.5インチモニターを取り付け、最大まで上げた様子。

 

エルゴトロンのアームの高さ

モニターポール+1つ目のアームを取り付けた場合の高さは約30cmです。

 

エルゴトロンの最大高さ

先程の状態で2つ目のアームを取り付け、最大まで上げた様子。アーム取り付けネジの下部は約39cm、中心部は約43cmです。

 

ここで使用したパーツの紹介

 

 

関連記事

モニターアーム・スタンド
「モニターアーム・スタンド」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました