[PR] 記事内に広告が含まれています

【ずぶ濡れになる】セリア シューズカバー・くつカバー購入レビュー

0.0
100円ショップ

セリアの靴カバー・シューズカバー・レインカバー

100均のセリアで売っている「靴カバー・レインシューズカバー」を購入したのでレビューします。

 

濡れたスニーカー

雨が降っている時に外出すると、こんな感じで靴が濡れますよね。しかもこれだけ濡れると・・・

 

雨がしみ込んだ靴下

靴下まで雨水が入ってきて、とても不快いです(つま先付近が濡れています)。

長靴やレインシューズを買っても良いですが、そんなに雨が降るわけでもない為、使用頻度も低く邪魔です。

そこで、購入したいのが、雨から靴を守る靴カバーです。

 

セリアのくつカバーをチェック

セリアで販売されている靴カバー

セリアで売っている「使い捨て くつカバー」。

 

セリアの使い捨て靴カバー

ビニールが薄い使い捨て用ということで、製造コストが低いためか、6枚3足分が入っています。

 

セリアの靴カバーの用途

靴カバーのパッケージには、

  • 自転車時の使用
  • 水や泥から守る
  • ビジネスシューズにも
  • 携帯して持ち歩ける
  • 洗車やお風呂掃除にも

などの各用途で使えることをアピールしています。

 

セリアの靴カバーの寸法

くつカバーのサイズは、長さが37cm、高さが30cm、靴を入れる場所の円周が40cmとなっています。

 

セリアの靴レインコートのパッケージ裏側

パッケージの裏に書かれている使用方法は主に、

  • 靴を履いた状態でカバーをつけること
  • 履きにくい場合は靴をカバーに入れてから履く
  • 靴の形によっては適用サイズでも入らない場合がある
  • 寒い所ではゴムが切れたり使用できる時間が短くなる場合がある

などが書かれています。

 

セリアの靴カバー

パッケージから靴カバーを取り出した様子。2足分、3組入っています。

 

セリアの使い捨て靴カバー

横から見た使い捨てのシューズカバーの様子。刑事ドラマで、鑑識の人が履いている靴のカバーに似ています。

 

カバーの長さの様子

靴カバーを横にして高さを測った様子。靴を入れた状態として余裕を持たせて測った所、約26cmぐらいです。

 

靴カバーの厚みは薄い

使い捨てということで、シューズカバーは薄いビニール製です。

 

セリアのくつカバーを被せてみる

両手でスニーカーに靴カバーを入れる

靴カバーにスニーカーを入れてみます。

 

凹凸がある靴の裏面でカバーが傷つきそう

シューズカバーの入り口が狭いため、入れるのにとても苦労します。靴裏の凹凸が靴カバー入り口の輪ゴムに引っかかります。

 

セリアの靴カバー

何とか引っ張り、かかと部分までカバーを持ってきました。カバーの入口が小さいので、入れるのに苦労します。

 

靴を入れるのが大変

分かりやすいよう、横から撮影してみました。このような感じで、靴を入れるのにギリギリの状態です。ちなみに画像のスニーカーは24cmです。

27cmのスニーカーだったら、たぶん入らないと思います。

 

靴カバーをかぶせた状態

シューズカバーを被せた状態です。スニーカー全体をすっぽり覆えました。

 

靴カバーに靴を入れた様子

靴を入れ終わった様子。シューズカバーに高さがある為、雨の跳ね返りでパンツの裾が濡れるのを防いでくれます。

靴カバーが半透明のため靴のデザインがはっきりとわかります。

 

靴カバーの底皮がすぐ破けそう

使い捨てのためビニールの厚さは薄く、靴底部分に関してはすぐにくつカバーが破けそうです。

長時間歩く時に使うというよりも、自転車やバイクに乗っている時に、雨から靴を守るという用途に向いているカバーだと思います。

あと、靴底面のカバーに凹凸がないため、歩いてる時に滑りやすいというのも注意点です。

 

セリアのくつカバー耐水実験

セリアの使い捨ての靴カバーに水をx

セリアのくつカバーに水をかけます。

 

使い捨ての靴カバーの撥水

台風を想定したくさん水をかけましたが、中のスニーカーには浸水していないようです。が、これは机上の空論のようなもの。

実際に使ってみると、最悪の結果が待っていました。。。

 

セリアのくつカバーを実際に使ってみる

2日カバーの輪ゴムが切れた

雨が降ってきたので、以前購入したセリアのシューズカバーを使おうと物置から取り出した所、片方の輪ゴムが切れていました。

 

ワゴンを使って靴カバーを止める

よって実際に使う時は、このように輪ゴムを使ってカバーが落ちてこないよう、止めることにしました。

 

セリアとダイソーの靴カバー比較

ちなみに、左:透明な色の靴カバーがセリア、右:黒い色のくつカバーがダイソーです。

 

100均セリアのカバー

家を出てから10分後、スニーカーのつま先の色が変わっていることに気づきました。あと歩いている時、ビニールとアスファルトの擦れる音が気になります。

 

つま先が濡れだしている

右側のスニーカーのつま先の色が濃い色に変色しています。どうやら早くも雨水が染み込んでいるようです。

 

同様に左側にも入っている

スニーカーの裏側を見てみると、カバー内に雨水がたくさん入っています。

 

内側に雨水が入っている

左側もこのように靴カバーの中に雨水がたくさん入っています。

 

つま先が雨水で変色している

さらに歩くこと5分、靴下の上ばかりか下側まで濡れだし、スニーカーの中敷きがビチャビチャ、まるで水の中を歩いていると思うくらいです。

花粉症の薬を貰いに病院に向かう所だったのですが、スリッパに履き替えることが無理なくらい靴下が濡れていたので、そのまま家に帰ってきました。

 

シューズカバーの中が水だらけ

雨の中を歩くこと17分、やっとの思い出帰ってきました。シューズカバーなのに、カバーの内側の方が水浸しになっているという、訳の分からない状態です。

 

穴から入ってきた雨

こんな感じで、底の方もめちゃくちゃ濡れています。

 

シューズカバーが破けた

かかとに関しては、シューズカバーのビニールが盛大に切れています。

 

全部濡れたシューズ

カバーで守られているはずのスニーカーが、全面水浸しです。

 

ビジュビジュになったスニーカーと靴下

スニーカーから足を出してみると、靴下が半分以上濡れています。

 

半分以上濡れた靴下

足の面積で言うと、8割以上が濡れています。これは靴カバーをしないで雨の中を歩いてる時よりひどい状態です。

 

左側も濡れている

右側の足だけではなく、左側も同じような状態です。

 

雨で濡れた靴下

靴下を脱いだ状態です。絞ると水が出てくるくらい濡れています。

 

スニーカーの中敷きもびちょびちょ

スニーカーのインナーソールも手で押すと水が溢れ出てきます。

 

ずぶ濡れになったシューズ

靴全体が濡れている状態です。

靴カバーをしていない時よりも、靴が濡れるってどういうこと?

 

憶測ですが、どうも穴が開いた箇所から水が侵入し、袋の中に溜まった水が歩く振動で、上下に移動し、靴全体が濡れてしまうようです。

この商品を開発した人は、出来上がったものを実際に使ったりしないのかなぁ・・・

 

という訳で、靴カバーを買うなら、値段は3倍の330円しますが、ダイソーのくつカバーをお勧めします。あー疲れた。

 

 

関連記事

ダイソー 見た目よし! レインシューズカバー・くつカバー購入レビュー
100均のダイソーで売っているレインシューズカバーの「靴カバー・シューズカバー」を購入したので、レビューします。 セリアで売っているシ…

コメント