ロジクール MX KEYS mini テンキーレスキーボード購入レビュー

4.0
パソコン・自作PC

ロジクール MX KEYS miniとsurface go

私は昔からテンキーキーレスキーボード(86キー)派です。

なぜかというと、右手をキーボードからマウスに移し替える時に、テンキーがあると、マウスまでの距離が出来てしまい、すぐにマウスを握ることが出来ないからです。

まぁ、短気なんでしょうね。で、テンキーレス派と言ってもこだわりがあり

  • パンタグラフタイプ
  • 無線タイプ
  • そこそこ高級感あり
  • カーソルキーはフルサイズ
  • 86キー キーボード

が主な条件ですが、そのようなキーボードとはなかなか出会わなく、いつも不満を抱えながら、妥協したキーボードを使っていました。

しかし、カーソルキー以外は条件に当てはまるキーボードがやっと出てきたので、今回、購入した次第です。

 

MX KEYS miniキーボードのパッケージ確認

ロジクール MX KEYS miniのパッケージ正面

Windows PC用として、ロジクールのコンパクトキーボード「MX KEYS mini」を購入したので、使い方・使った感想などをレビューします。

まずは、パッケージから。ミニキーボードとしては高価格帯なので、パッケージも簡素なものではなく、お金をかけた見栄えが良い高級感あるものになっています。

パッケージには、

MX KEYS MINI
The Master Series by Logocool
ミニマリスト ワイヤレス イルミネーション キーボード
非常にスムーズなタイピング
● グラファイト
logicool

と記載されています。

 

パッケージの裏側

パッケージ裏側。

MX KEYS MINI
The Master Series by Logocool
Windows|macOS|iPadOS|iOS|Linux|ChromeOS|Android
最高のMXセットアップを生み出す
MX Keys MiniとMX Anywhere3を組み合わせて、パソコン間をシームレスに移動*1
スムーズなタイピング、高度なキー*1
Perfect Strokeキー(書き取り*2、ミュート/ミュート解除)、及び絵文字キーをお楽しみください。
小型でも高パフォーマンス
簡単かつ精細なタイピングが可能なレイアウト、エルゴノミクス効果を提供するミニマリストデザイン。
スマートイルミネーション
バックライトキーは変化する照明条件に合わせて自動的に調整されます。

特徴

  • Bluetooth Low Energyテクノロジーによるワイヤレス接続
  • 最大3台のデバイスを接続しデバイス間を簡単に切り替えるEasy-switchキー
  • USB-C充電:フル充電後最長10日またはバックライトがオフの状態で5ヶ月使用可能*3
  • Logi Bolt USBレシーバー対応(別売り)

必要システム

  • インターネット接続環境(ソフトウェアダウンロード時)
  • macOS/Windows上のLogicool Optionソフトウェア
  • Bluetooth Low Energy対応デバイス:Windows10以降、macOS 10.15以降、iOS13.4以降*4、iPadOS 14以降*4、Android5.0以降*4
重要:FileVaultがmacOSパソコン上で有効化されている場合があり、これによって、Bluetoothに接続されている場合に開始時/起動時にパスワードを入力できない可能性があります。この場合は対応Logi Bolt USBレシーバーの購入をお勧めします

との記載があります。

 

MX KEYS miniキーボードの開封

パッケージを開けた様子

パッケージを開くと蓋の裏側には、絵で説明している接続方法が書かれています。

キーボードは、半透明な白い紙で包まれています。

 

キーボードが包まれているオブラート

商品を包む素材は「不織布・発泡ポリエチレン素材のクッションシート」などが定番ですが、半透明のオブラートのような紙で包まれていました。環境を考慮してでしょうか。

 

中に入っていたカード

半透明の紙を開けるとキーボードの上にはメッセージカードが入っていました。メッセージカードは、Logicool商品の写真と共に

CREATE THE ULTIMATE SETUP
究極のセットアップを生み出す

と書かれたメッセージがあります。

 

カードの裏側

メッセージカードの裏側にも文字が書かれています。

貴方の創造、作成、実行のパワーを解き放つツールを使って、最高のセットアップを構築しましょう。MX Master3またはMX Anyehere3を追加して、Logocool Flowの機能を活用。Brio Ultra HD Proウェブカメラ、ロジクールZone Wirelessヘッドセット、及びロジクールSpotlightプレゼンテーションリモコンを使って、コラボレーションセッションをレベルアップ。
www.logicool.co.jp/mx

と、記載されています。

 

ロジクール MX KEYS miniの箱を開ける

キーボードを取り出すと中に小箱があります。

 

ロジクール MX KEYS miniの付属品一覧

MX KEYS miniキーボード本体と小箱に入っていた「説明書等の冊子、USB Type A-Cケーブル一本」の付属品全て。

 

ロジクール MX KEYS miniの付属usb type-cケーブル

Type-C側のコネクタには「logi」のロゴが入っています。

 

MX KEYS miniキーボードの本体チェック

ロジクール MX KEYS mini本体とマウス

MX KEYS miniキーボードとマウスを並べてました。普段パソコンで使ってるレイアウトです。

このようにして並べて見ると、キーボードの方は高級感があり、マウスの方が安いプラスチック商品というイメージを感じてしまいます。

 

キーボードの横側

横からキーボード見た感じです。

キーボードの上部の方には、電源スイッチ・USB Type-C コネクター(と多分バッテリー・基盤類)など、場所を必要とするものが集中しているため、厚みがあります。

なお、キーボードの角度を変えられる爪はありません。キーボードなら一般的に爪はあるので、無いことにがっかりしました(買ってから知りました)。

角度調整にこだわる方は、注意ポイントです。

 

キーボードの前

キーボードの上の側面部分です。左側に電源スイッチとUSB Type-Cコネクタがあります。

 

キーボードの裏側

キーボードの裏側です。奥の方に、滑り止め用の太いゴムが二つ、手前の方に細いゴムが三つ配置されています。

また、キーボード本体裏側には、上部には技適マーク(電波法令技術基準に適合の無線機証明マーク)、中央には「MX Keys Mini」とプリントがされています。

 

シリアルナンバーが書かれている場所

また、膨らみがある側面の中央部分には、シリアルナンバーが印刷されたシールが貼られています。

 

ロジクール MX KEYS miniの重さ

手持ちの重量計では、キーボードの重さは499gでした。

やや重めですが内部の鉄板?がしっかりしているためか、入力中に強めにキーを押してもたわむ事はありません。

株価・為替が思った方向と逆に行き、損切発注の際、悔しさの余り思いっきりEnterキーを押してもたわみません!(うそうそ・・・)

 

隅の方にある、スイッチをオンにすると、スイッチ内部スペースが緑色になっており、目視で電源が入ることを確認することができます。

 

電源ランプ

また電源を入れた直後には、隅にあるランプが緑色に光ります。それと同時に、キーボードのバックライトも光ります。

 

キーボード正面

キーボードに手を近づけていないと、バックライトはこのようにオフになります。

 

指が近づくと明るくなる

手を近づけると、このように光ります。

 

ライトが光ってる状態

バックライトの様子がわかりやすいように、部屋の明るさを暗くして撮影していました。

なお、バックライトは明るさの調整が可能の他、オフにすることもできます。

オフにすると、消費電気が大幅に減るので、充電回数を減らすことができます。

 

今まで使用していたサンワサプライとのキーボードを比較

今まで使ったキーボードとの比較正面

今まで、下記のサンワサプライのキーボードを使用していました。

86キー ワイヤレスキーボードSKB-WL32BK レビュー
メインに使っている、自作のWindowsパソコンですが、昨日いつものようにはパソコンを使っていたら、いきなり「/」の文字が勝手に入…

なぜ今回、ロジクールのキーボードを買ったかと言うと、、

 

今まで使ったキーボードとの比較横から

サンワサプライは、ボディが真っ黒に対し、キーに印刷されているプリント文字が真っ白のため、コントラストが強く、ごちゃごちゃした印象があり、使う度に不満を持っていました。

ロジクールの方はキーの色とプリント文字の色のコントラスト差が、サンワサプライと比べて低いため、ごちゃごちゃした印象がありません。

 

MX KEYS miniキーボードギャラリー

キーボードを触った感じ

キーボードで文字を入力している所。

 

エンターキー側

文字キーは丸いくぼみですが、Enterキー・shiftキーはキーの形に合わせた、くぼみになっています。

 

latキー側

一番下の段のキーには、なぜかくぼみが無いです。

 

latキー側

ウインドウズマークのキーは「スタート」と表現されています。因みにキーボードのボディはプラスチックです。

ここが金属塗装ならデザイン面では完璧だったのになぁ。

 

「G/き」と「J/ま」のキーには、ホームポジション時の目安となる突起があります。

 

キーボードの上部中心部には「logi」のロゴがプリントされています。

ロゴが幼児向けのデザインで、子供っぽいです。

折角キーボードが良いデザインなのに、ロゴのせいでかっこいいデザインがちょっとイマイチです。

 

カーソルキーに関しては、ノートパソコンでおなじみの縮小変形タイプになっています。

左右のキーに関しては良いとしても、上下のキーは押しにくいです。プログラムをよく組む人は、使いにくいと思います。

私もたまにプログラムを組むので、縮小変形キーに関しては気に入らない部分のひとつです。

ただ本気のプログラマーは、このようなキーボードではなく、メカニカルキーボードを選ぶと思いますので、問題になる人は少ないのでしょう。

ちなみに「fn」キーを押しながら、各カーソルを押すことで「home」「end」「page up」「page down」として動作します。

 

複数の端末と切り替えて使用する

パソコン繰り替え

メインパソコンがディスクトップで、サブとしてSurface Goを使っています。

このような場合は、キーボードの接続先を切り替えることができます。

 

ファンクションキーでパソコンを切り替える

ファンクションキーの1から3までが各端末に割り当てができるようになっており、これらのキーで切り替えるようになります。

 

LOGI BOLT USB RECEIVERを追加購入

LOGI BOLT USB RECEIVER

Windows PCとはBluetoothで繋いでいましたが、Windowsログイン時のパスワード入力で、ワンテンポ落ち着いてからキーを叩かないと反応しない(私がせっかちなのと、多分Windows立ち上がってキーボードとBluetooth通信し始めて接続確立が終わっていない?)のです。

そこで、ロジクール専用のUSBレシーバーを購入しました。価格は1000円少々です。

Bluetooth接続ではないため、PC起動直後からキーボードとして認識し、UEFI(BIOS)でも使うことが出来るようになります(とはいっても最近のUEFIはマウス操作も可能なので、必ずしもキーボードが必要なわけではありませんが)。

 

パッケージにはまったレシーバー

紙の箱に挟まっているUSBレシーバー。ワイヤレスマウスのレシーバーと同じようなサイズです。

 

レシーバーの表

表側にはシリアルナンバーや技適マークが印刷されています。

 

レシーバーの裏

裏にもCEマークが印刷されています。

なお、レシーバーとキーボードとのペアリングは、Windows上のソフトで行います(一度行えば大丈夫です)。

 

MX KEYS miniとSurface Goギャラリー

ロジクール MX KEYS miniとsurface go

Surface GoとMX KEYS miniキーボード。MX KEYS miniはコンパクトなので、一緒に持ち運んでも邪魔にはならないですが、重量はSurface Goとほぼ同じ。

 

ロジクール MX KEYS miniとsurface goのキーボード

MX KEYS miniキーボードとSurface Goキーボードの比較。Surface Goの方が一回り小さいです。

 

ロジクール MX KEYS miniとsurface go横から

横から見たMX KEYS miniキーボードとSurface Go。

 

ロジクール MX KEYS miniとsurface go

上から見たMX KEYS miniキーボードとSurface Go。

という訳で、カーソルキーとキーボードに角度調整用の爪が無いのが不満ですが、それ以外は概ね満足です。

デザイン面でも高級感あり、使っていて満足感も高いです。

今は買ったばかりで分かりませんが、キーがその内、てかってこないか心配ですね。どのくらい耐久があるか。

変化が現れたら、ここで報告します。

 

タイトルとURLをコピーしました