iPad+iBooksアプリで自炊PDF

新しいiPadでApple製の電子ブックリーダーiBooksアプリでの自炊PDFレビューです。

iBooksはiTunesから無料でダウンロードが出来ます。

まず、iPadへPDFを転送する方法はiTunesを介して行います。iPadはあらかじめPCにUSB又はWifi接続しておきます。

 

iTunesからiPadへ電子書籍・自炊(PDF)を転送する

iTunesを起動し、左側にある「ライブラリ」の項目から「ブック」を選択

iPadに転送したい自炊PDFファイルをiTunesのへドラッグします。

 

これで、iTunesに自炊したPDFが登録されました。

 

 

iPadへ自炊PDFを転送します

左側の「デバイス」から接続してあるiPad(1)を選択し、右側の「ブック(2)」を選択します。そして、「ブックの同期」にチェックを入れ、「すべてのブック」または「選択したブック」を選びます。

「選択したブック」を選んだ場合、iPadに転送したい自炊PDFファイルだけにチェックを入れます。チェックが終わったら下にある「適用」又は「同期」ボタンを押して完了です。

 

iPadからiBooksを起動する

転送が完了し、iBooksを起動するとこのように表示されます。

 

iBooksはフォルダ管理機能があるので、分野ごとに振り分けて整理が可能です。

 

また、自炊PDFは一覧表示も可能です。数多くの自炊PDFを登録した場合は、こちらの方が探しやすく便利です。

 

iBooksで自炊PDF(ScanSnap S1500 白黒600dpiでスキャン)を表示した状態の画面です。画面上のリストの絵柄のボタンを押すと、ページの一覧表示が出来ます。

 

この一覧表示の画面で、一番左の左リボンボタンを押すと、しおり登録したページのみの表示に切り替わります。

 

左上の再開ボタンを押すとPDF表示画面に戻ります。

 

PDF表示画面で、右から3番目が画面の明るさ・輝度を調整するボタンです。ここの明るさ調整は、OS側と共通のため、ここで暗めに設定してしまうと、他のアプリでも暗いままになるので不便です(i文庫HD、GoodReaderの明るさ設定はOSとは別になってています)。

 

OCRを掛けた自炊PDFでは、本文の検索が可能になります。上の画像では縦書きの本に対して検索をかけて、成功していますが、他の縦書きの本などでは失敗する場合がありますので、縦書きでの検索精度は少し弱いようです。

iBooksは、PDFビュアーとして無料で使えるのも魅力です。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました