iPad ブルーライトカットフィルムTB-A12FLBLG購入レビュー

iPad用の液晶保護フィムル ELECOM/エレコム TB-A12FLBLGを購入したのでレビューします。

このフィルムは、通常のキズから保護する・映り込みを抑える機能に加え、今話題のブルーライトをカットする機能があります。

 

iPad用 ブルーライトカットフィルム外箱チェック

ELECOM iPad ブルーライトカットフィルムTB-A12FLBLGパッケージ表。

 

 

パッケージには、ブルーライトカット加工の解説があります。

 

光沢仕上げ、ハードコート、貼り直し可能、自己吸着、キレイに張れる道具3点の特長が書かれています。

 

フィルムの性能を表したレーダーチャート図。パッケージに映り込みにくさが書かれているのは、唯一ここだけです。結構、アピールポイントだと思うのですが・・・

 

パッケージの裏側です。

 

ブルーライトカット加工についての説明が書かれています。グラフを見るとブルーの部分が減っているのがわかります。

 

iPad用 ブルーライトカットフィルムチェック

液晶保護フィルムを出した状態。これに、「クリーニンググロス・ホコリ取りシール・ヘラ」が付属しています。

 

フィルムの拡大。色は上記の画像が見た目に近い感じで、若干黄色です。

 

こちらが、iPadに何も貼っていないノーマルの状態。わざと天井の照明カバーを外してよく反射を見えるようにしました(一部プライベートなアイコンがありぼかしを入れています)。

 

こちらが、今回購入したブルーライトカットフィルムTB-A12FLBLGを付けた状態。

反射に関しては、悪化しているように感じますが、照明以外の部分を見ると反射が抑えられています。

悪化して見える原因は、照明の光が強すぎたこと(カバーを外さなくてよかったかも)に加え、フィルム全体が、紫のように反射して見えるためと思われます。

紫に見えるのは反射コートによるものです(ブラウン管モニター時代に表面をARコートしていたのと同じような感じです)。

この紫自体は液晶部分はそれ程気にならないのですが、縁の黒い部分が色濃く紫に見え、慣れるまで、やや気になるかもしれません(上の画像でも、ホームボタン近くの縁が、濃い紫になっていると思います)。

メーカーは反射コートなしタイプも検討された方がいいように感じます。

 

こちらは自炊したPDFをi文庫HDで表示したい状態。白い画面を表示した時は、若干黄色身かかっていますが、それほど気になりません。

薄い尿液晶という感じです。元々、書籍も真っ白ではなく若干黄色のような感じですので、本を読む点では違和感なしです。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました