iPad+Adobe Readerアプリで自炊PDF

iPadで、Adobe製のPDFリーダーReaderアプリでの自炊PDFレビューです。

Adobe ReaderはiTunesアプリから無料でダウンロードが出来ます。

まず、iPadへPDFを転送する方法はiTunesを介して行います。iPadはあらかじめPCにUSB又はWifi接続しておきます。

 

iTunesからiPadへ電子書籍・自炊(PDF)データを転送する

iTunesを起動する

  1. 右側デバイスより「iPad」をクリックします。
  2. 上にある「App」を選択してページを下へスクロールします。
  3. Appの項目より「Adobe Reader」を選択します。
  4. 右側にある「Adobe Readerの書類」へ転送したい自炊PDFファイルをドラッグします。

 

Adobe Readerで転送したファイルを削除する方法

削除したいファイルをクリックして、キーボードの「DELキー」を押すと削除できます。「Ctrlキー」を押しながら複数のファイルをクリックすると、一度に削除できます。

また、並んでいるファイルを一度に削除したい場合は、先頭のファイルを通常クリックし後尾のファイルを「Shiftキー」を押しながらクリックすると一括選択できます(上記例ですと、計画力~.pdfのファイルをクリック、一番下のゲーム~.pdfをshiftキーを押しながらクリックで一括選択)。

 

iPadでAdobe Acrobatを起動する

ホーム画面からAdobe Acrobatを起動

Adobe Acrobatの起動画面です。PDFファイル選択画面は。リスト表示のみのシンプルな構成です。

 

書籍を選択し本を開く

自炊のPDFを表示した様子。下にあるバーを動かすことでページ移動します。

 

PDF内の検索

PDFを検索した様子。下にあるボタンで、検索結果の場所を前後移動します。

 

PDFへの書き込み

PDFにいろいろ情報を書き込みした様子。左側の赤いラインがフリーハンド機能で、マジックのように好きな書き込みが出来ます。

右側の黄色いラインはマーカー、吹き出しのようなアイコンは注釈(メモ)です。

 

好きなページに付箋・メモを張る

このように任意のページに・位置にメモを貼り付けることが出来ます。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました