I・O DATA EX-LDQ241DB 24インチ 液晶モニター レビュー

3.5

IODATA EX-LDQ241DB

I・O DATAの24インチ、WQHD液晶モニター「EX-LDQ241DB」を購入したので、レビューしたいと思います。

型番が「EX-LDQ241DB」なのに、箱には「EXQ241」と書かれていて謎です。

因みに、WQHDはFULL HD(1920×1080ドット)の一段上の解像度、2560×1440ドットを表しています。

 

EX-LDQ241DBの開封チェック

電源・ディスプレイポート・スタンド台・説明書

箱を開けると上の方には「電源ケーブル・DisplayPortケーブル・説明書・スタンドの土台」が入っています。

 

ディスプレイポートケーブル

付属のDisplayPortビデオケーブル。残念ながら今回こちらのケーブルは使いません。

今、使っている自作PCのマザーボードには、DisplayPort x1、HDMIx2の3つの画像出力があります。

しかし、HDMIは4K出力時、30Hzしか対応していなくて、4K対応の31.5インチモニターの方は、DisplayPortで繋げなければなりません。

よって、今回購入した24インチは必然的にHDMI接続なるのです。

 

電源コネクタ3ピン

本体裏側の左には、3ピンの電源コネクタがあります。

 

HDMI・ ディスプレイポート・音声出力端子・サービス USBコネクター

本体裏側の右には、HDMI端子が3つ、DisplayPort が1つ、オーディオコネクタが1つ、サービスUSBが1つあります。

サービスUSB は、ファームウェアのバージョンアップに使います。

 

タッチ式電源・メニュースイッチ

再び電源コネクタの方に戻り、下の方を見ると突起が5つあります。これは電源スイッチ、メニューで使うタッチセンサー式のボタンです。

 

EX-LDQ241DBを組み立てる・接続する

モニタースタンド台

モニタースタンドの土台を机に置きます。

 

モニターを下から見た様子

液晶モニター本体を箱から出し、袋を取り出します。

 

ゲームフラット

土台の中央にある円形部分に、液晶モニター本体の柱を入れます。これで、組み立てが完了しました。モニターも重たくないため、簡単に組み立てることができます。

 

IODATA EX-LDQ241DBの背面

液晶モニターを裏側にし、電源ケーブル、HDMIケーブルを接続します。

 

熱を逃がすための排気口

液晶モニターの裏側には、デカデカと I・O DATAのロゴが書かれています。

もう少し我慢(小さく)できなかったんでしょうか。

中央にある四つの穴は、VESA規格に対応したモニターアームを付ける際のネジ穴です。

 

ビデオ端子類

HDMI端子は一番左側のポート1に取り付けました。高級価格帯のモニターならHDMIが3つ付いていても納得できますが、低価格帯のモニターなので、少し数を省いて、価格を安くした方が良かったんじゃないかと思います。

 

EX-LDQ241DBのスタンドの足を取る

EX-LDQ241DBのスタンドを取り外す

VESA規格のモニターアームで使う時は、スタンドの足が邪魔になるので、取り外し方を紹介します。

まず、スタンドの根元に付いているネジを外します。

 

ボタンを押す

真ん中のボタンを押したまま、足を引っ張ります。

 

スタンドの柱を取り外す

このように外すことが出来ました。取ったネジは無くさないように、再び本体に付けておくと良いです。

 

Amazonで購入した iVANKYのHDMIケーブルレビュー

Amazon で購入したiVANKYのHDMI ケーブル

HDMIケーブルが付属していなかったので、AmazonでHDMIケーブルを購入しました。

HDMIケーブルは、長さは2m、60Hz対応、HDMI 2.0規格の物です。

 

iVANKY HDMIの端子表側

HDMI端子の表側には、iVANKYのロゴが印刷されています。

 

iVANKY HDMIの端子裏側

HDMI端子の裏側には、4K HDMIが印刷されています。

 

HDMIケーブルを纏めるマジックテープ

HDMIケーブルは、最近流行りのナイロン製?でしなやか、パソコンとモニターを接続する際の取り回しも楽です。

ケーブルをまとめる付属のマジックテープですが、以前からあるマジックテープのようにトゲトゲしていなく、ささくれに触れると痛いということはありません。

マジックテープも進化しているようです。

 

EX-LDQ241DBの使い心地をチェック

EX-LDQ241DBを表示した状態

IPSパネルの中国版?、ADSパネルを採用しており、メーカーのI・O DATAの謳い文句が、

上下左右178°の広視野角ADSパネルを採用し、見える位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、どこから見ても映像を鮮明に映し出します。

なんですが、うーん・・・。いくら調節しても発色はいまいちです。

メインに使っている、Acer 4K 31.5インチモニター ET322QKAbmiipxのVAパネルと比較すると色が薄い感じがします。

以前使っていた同じスペックのDELLのモニターP2418Dと比べても発色が悪いです。

発色の他にも、画面の前に油膜があるよな、ギラぶつが目立ちます。価格相応ってことです。

 

追記
3~4日したら、発色がマシになりました。使い始めは色が安定しないのかな?

DELLのモニターP2418Dを処分するの早すぎたなぁ。またすぐに同じスペックのモニターを買うとは・・・。

 

接続解像度表示

モニター通電時には、画面に接続ポートと解像度が表示されます。

 

EX-LDQ241DBのOSD

OSD(オンスクリーンディスプレイ)のメニュー表示はこのようになっています。ボタンひとつで呼び出せるショートカットや、お気に入り機能があります。

 

OSD

また、モニターを縦に使用する時のために、OSDの回転機能も備えています。

 

IODATA EX-LDQ241DBを縦に取り付ける

最終的には、モニターアームを使用し、左側に立てて使うことにしました。

 

IODATA EX-LDQ241DB正面から

EX-LDQ241DBを正面から見た様子です。

 

IODATA EX-LDQ241DB斜めから

今度は斜めから見た様子です。画面がやや白っぽく見えます。IPSパネルと同じような仕組みで作られているのに、斜めから見たときに色の変化がやや大きいように感じます。

 

IODATA EX-LDQ241DBOSD縦向き

モニターを縦にしたので、メニュー表示も縦に変更しました。

 

IODATA EX-LDQ241DBの裏側

おまけとして、後ろ側の配線の様子も載せておきます。

当初、LGの24インチ4Kモニターを購入しようかと思いましたが、新型コロナで在宅勤務やテレワークが一斉に導入されたせいか、売り切れで入荷未定になってしまい、購入できるまでの繋ぎとして、EX-LDQ241DBを購入しました。

しかし、考えてみたらメインで使っている、31.5インチモニターの解像度が4Kで、PPI(DPI)が近いため、モニター間でウインドウを移動した時など、それ程大きなずれはなく使えるため、購入してよかったなと思っています。

因みに、各PPI(DPI)の比較です。

  • 31.5インチ 4K 140ppi
  • 24.0インチ 4K 183dpi
  • 24.0インチ WQHD 122dpi

こう並べると、WQHDの方がメインで使っているモニターに近いのが分かります。

というわけで、EX-LDQ241DBの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました