[PR] 記事内に広告が含まれています

Acrobat/ReaderでPDFのページ番号を指定して印刷する方法

Acrobat/PDF

Acrobat

Acrobat/Adobe ReaderでPDFのページ番号を指定して印刷する方法を紹介します。

印刷範囲を指定することで、不要なページの印刷をする必要がなくなり、時間と資源の節約になります。

 

ここでは、Windows PC・パソコンで、2024年最新版のAcrobatで説明していきます。以前のAcrobat/Adove Reader/Macの方はご自身の画面と置き換えてご覧ください。

 

2023~2024年の間に、Acrobat/Adobe Readerの画面(UI)が変更になりました。

Acrobatが同じバージョンなのに画面表示・UIが違う
Adobe Acrobat Proをデスクトップとノートパソコン両方にインストールしていますが、両方とも最新バージョンなのに、画面(U…

 

Acrobat/Adobe ReaderでPDFページ番号を指定して印刷する方法

Acrobat/Adobe Reader

それでは、Acrobat/Adobe readerで、ページ番号を指定して印刷する方法を紹介します。

 

2024年最新版Acrobat/Readerの場合

2024年版のAcrobatで印刷する

左上の(1)メニュー」から、(2)印刷(P)」をマウスの左ボタンでクリックします。

 

2024年以前のAcrobat/Readerの場合

2024年以前のAcrobatで印刷する

左上の(1)ファイル」から、(2)印刷(P)」をマウスの左ボタンでクリックします。

※ この後は全バージョン共通画面です。

 

Acrobatの印刷画面

印刷画面が現れるので「ページ指定(G)」の先頭の「」をクリックして、印刷するページ番号を入力します。

 

印刷するページ指定

印刷するページの指定方法は2種類あります。

 

個別にページを指定する

ページ番号を直接入力し、半角の「,」カンマで区切っていきます。「2,3」と入力した場合、2ページと3ページが対象となります。

 

連続してページを指定する

ページ番号が続いている場合に指定します。半角の「-」ハイフン・マイナス記号で入力します。「5-7」と入力した場合、5~7ページが対象となります。

前後に連続していない個別ページを入力する場合は、カンマで区切ってください。例えば「2,3-5,7」と入力します。この場合は「2ページと3~5ページと7ページ」を印刷する指定になります。

 

先頭から・最後のページまでと、まとめて指定する

先程のハイフン・マイナス記号の応用ですが、「先頭からここまで」「ここから最後まで」という指定方法もあります。

先頭から4ページまでとする場合は「-4」、6ページから最後までとする場合「6-」とします。先頭番号の「1」や最後のページ番号を省略できるという事です。

この指定方法で、複数指定する場合は先程と同じようにカンマで区切ります。

先頭から3ページまでと6ページを印刷する場合は「-3,6」と入力します。3ページと4ページから最後までの場合「3,6-」と入力します。

 

さいごに

PDFの文章をページ番号で複数指定して印刷できるようになると、不必要なページを印刷する必要が無くなります。

サムネールを使ったページ指定印刷では、近くのページ同士なら良いのですが、50ページ先の指定とかなると結構大変です。

このような場合は、今回紹介したページ番号を指定する方法が楽なので、ぜひ活用してみてください。

 

 

関連記事

Acrobat/ReaderでPDFの指定したページだけを印刷する方法
Acrobat/Adobe ReaderでPDFの指定したページだけ印刷する方法を紹介します。 印刷したいページが離れている場合・間隔…
Acrobat/Adobe ReaderでPDFページ内の一部分だけを印刷する方法
Acrobat/Adobe Readerで、PDFページ内の一部分だけ印刷する方法を紹介します。 1ページ全体を印刷するのではなく、ペ…

コメント