海抜・標高を調べるマップ・地図サイトを3つ紹介します!

地図から海抜・標高を調べられるサイトを3つ紹介します。

東日本大震災以降、津波に対する意識が高まり、自分の住んでいる場所や職場、実家、親戚宅など、ここの海抜はどのくらいだろうと気になり、確認しておきたいと考える人も多いと思います。

そこで、地図から簡単に海抜を調べられるサイトを3つ紹介します。

 

マピオン

マピオントップページ

インターネットの地図サイトといえば、マピオン。海抜の知りたい住所を入力し、表示された場所で、右クリックをすると海抜が表示される。詳しい操作方法は「簡単!マピオンで海抜を調べる方法」を参照。

 

地理院地図(国土地理院)

地理院地図トップページ

国土交通省、国土地理院が地理情報を提供している地図・マップサイトの地理院地図。

各地図サイトで表示される海抜の数値は、それぞれ差が出ることがあります。しかし、個人的な感覚では、街中で見かける海抜の案内板は、地理院地図で表示される結果と一致している場合が多いので、正確に調べたい方は、こちらがお勧めです。

詳しい操作方法は「国土地理院の地理院地図で海抜を調べる」を参照。

 

Flood Map

floodmapsトップページ

Google Mapを使用して海面が上昇すると、どの範囲が浸水するか視覚的にわかるサイト。グーグルマップの特徴である、通常の地図の他に航空写真でも水没する区域が表示可能。

詳しい操作方法は「海面上昇で水没地域が一目瞭然! Flood Map」を参照。