DC-210N用カッターマットレビュー

ディスクカッター裁断機、DC-210Nのカッターマットについてのレビューです。

 

1本のカッターマットにつき、4回分使える設計になっています。片面で上下入れ替えることで左・右に2回、さらに裏返して使えるので合計4回分ということになります。

 

カッターマットは、先頭の部分がどうしても深い傷が出来てしまいます。これは、裁断ヘッドが先頭から切り始めるため、この部分が結果的に良く刃が当たる為です。

 

溝が深いまま使用すると、刃とマットに隙間ができるため本の裁断面が汚くなりますので、注意が必要です。

 

 

 

関連記事

本の裁断/DC-210N
「本の裁断/DC-210N」の記事一覧です。
ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...