DC-210N用丸刃・替刃レビュー

ディスクカッター裁断機、DC-210Nの丸刃・替刃についてのレビューです。

DC-210Nは、丸い刃を回転させながら切断するタイプの裁断機です。

 

DC-210Nの裁断刃は、それほど大きくなくSDカードより一回り小さいサイズです。

 

裁断刃の種類は2種類あり、1つは通常裁断で使用する丸刃と呼ばれるタイプ(右側)、もう一つは、ミシン目を紙に刻むことができるミシン目刃(左側)です。

 

通常は、折り畳み式の収納ケースに入れて保管します。DC-210N本体に収納スペースがありますので、交換が必要なときはスムーズに取り換えることができます。

 

収納ケースを開くとこのような感じになります。イメージとしてはCDケースのような感じです。

丸刃(K-28)は2枚入りで、定価630円、ミシン目刃(K-29)も2枚入りで、定価630円です。

 

 

関連記事

本の裁断/DC-210N
「本の裁断/DC-210N」の記事一覧です。
ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました