DC-210N用丸刃・替刃レビュー

ディスクカッター裁断機、DC-210Nの丸刃・替刃についてのレビューです。

DC-210Nは、丸い刃を回転させながら切断するタイプの裁断機です。

 

DC-210Nの裁断刃は、それほど大きくなくSDカードより一回り小さいサイズです。

 

裁断刃の種類は2種類あり、1つは通常裁断で使用する丸刃と呼ばれるタイプ(右側)、もう一つは、ミシン目を紙に刻むことができるミシン目刃(左側)です。

 

通常は、折り畳み式の収納ケースに入れて保管します。DC-210N本体に収納スペースがありますので、交換が必要なときはスムーズに取り換えることができます。

 

収納ケースを開くとこのような感じになります。イメージとしてはCDケースのような感じです。

丸刃(K-28)は2枚入りで、定価630円、ミシン目刃(K-29)も2枚入りで、定価630円です。

 

 

関連記事