フルサイズ ミラーレスカメラ α7IIIからキズや塗装剥げを防ぐ・守るエクステンショングリップ購入レビュー

5.0
カメラ・写真

α7IIIのボディの端がはげた

ミラーレスカメラ、α7iiiを大事に使っていたのですが、それでもボディの端がはげてしまいました。

どうもソニーのαシリーズは剥げやすいみたいですね。画像検索すると角の部分とか剥げまくっているα7IIIなどが出てきます。

人間の髪の毛と一緒で何も対策しなければ、どんどん禿げる!ということで、カメラに傷がつかないよう「INPON エクステンショングリップ アルカスイス互換」を購入したので、このブログで使用感・感想などをレビューします。

 

 

INPON エクステンショングリップ開封・装着

INPON エクステンショングリップとフェルト

アマゾンで注文したINPON エクステンショングリップとフェルトです。一応、アルカスイス規格のクイックリリースプレートとなっています。

なぜ、フェルトも買ったかっていうことは後程。

 

INPON エクステンショングリップ Sony α7III/α7RIII/α9 小指掛け専用 アルカスイス互換 1/4"ネジ付

箱の裏に貼ってあったバーコードとシール。α7iii以外に、α7RIII、α9にも装着できるらしい。

 

INPON エクステンショングリップの裏側

エクステンショングリップの裏面。

 

INPON エクステンショングリップの側面

クイックリリースプレートの横面。航空機用アルミニウム合金を削り出して作られているとのことで、質感がとても良いです。

 

INPON エクステンショングリップをカメラに装着した裏側

クイックリリースプレートを普通にα7iiiに取り付けた様子。

 

INPON エクステンショングリップをカメラに装着した正面

クイックリリースプレートを取り付け、正面から見た様子。特に違和感なく外に持ち出せます。

 

使っている人には申し訳ないですが、上記のようなカメラケースはどうも好きではありません。なんか野暮ったいというか・・・スマートではないですよね。

その点、クイックリリースプレートの方がシンプルで良いです。

 

INPON エクステンショングリップを装着した電池周り

バッテリー側。クイックリリースプレートを取り付けても充電池の蓋を開けることができます。

 

INPON エクステンショングリップを装着したグリップ

ただ、クイックリリースプレートがグリップに沿って作られていないのが残念です。

小指をかけやすいように意図的に、膨らみを持たせたのでしょうか。

 

INPON エクステンショングリップを装着して横から見た状態

横から見てもスマートです。

 

INPON エクステンショングリップを装着して裏から見た状態

後ろから見ても違和感なし。外に持ち出しても他人の目線が気になりません。

 

クイックリリースプレートにフェルトを取り付ける

カッターでフェルトをカットする

クイックリリースプレートにフェルトを取り付けます。その理由はカメラにプレートの跡が付かないようにするためです。

スマホのカメラケースを付けている人なら経験があるかと思いますが、取り付けてから1年後ぐらいにケースを外すと、スマホのボディにうっすらとケースの跡がついていると思います。

その跡が付かないようにするために、フェルト貼り付けてカメラに跡がつかないようにします。

今回購入したフェルトは、厚さが0.5 mmで、裏面には粘着機能が付いています。

なので、クイックリリースプレートの形に合わせてカットし貼り付けるだけで簡単にできます。

 

INPON エクステンショングリップにフェルトを付ける

こちらがクイックリリースプレートにフェルトを取り付けた様子です。

 

フェルトを付けた電池周り

電池ボックス側。

 

INPON エクステンショングリップにフェルトを付けた全体図

液晶画面側。

 

フェルトがはみ出て電池の蓋が開かない

0.5mmの厚みがあるため、ちゃんと取り付けられるか心配しましたが、問題ありませんでした。

ただし、クイックリリースプレートからフェルトがはみ出てるため、充電ボックスの蓋が開きません。

 

正面からフェルトが見える

正面から見るとクイックリリースプレートとカメラの間にフェルトが見えてしまっているため、見た目が悪いです。

 

フェルトがはみ出ている

クイックリリースプレートを取り外し、はみ出ているフェルトを眉毛をカットする小さいハサミで取り除いてきます。

 

フェルトが盛り上がっている

こちら側ハサミでカットするのは難しいそうです。

 

フェルトをはがして付け直す

なので、一旦取り外しフェルトを一回り細くカットしてから貼り付けます。

 

完成したフェルト

フェルトをカット・貼り付け直した状態の様子です。

 

電池ボックス周り

まだフィールドがはみ出ていますが、蓋を開けてみます。

 

蓋があく

無事に蓋を開くことができました。

 

カメラ正面

正面の方もフェルトが見えなくなり、見た目が良くなりました。

 

完成したグリップ装着

今までカメラに傷つかないように、気を使いながら、机の上にそっと置く様にしていました。

しかし、クイックリリースプレートを装着したおかげで、気を使わずに気軽に机の上に置けるようになりました。

カメラの塗装が剥げるのが凄く気になる方は、クイックリリースプレートをぜひお試しください。

 

 

関連記事

ソニー α7IIIと一緒に買っておきたい! 10アイテム紹介
α7IIIを購入したのに合わせ、合わせて購入したい周辺アイテムを紹介します。 まずは「HDMIケーブル」「画面プロテクター」…
タイトルとURLをコピーしました