Youtenのフラットベンチをアマゾンで購入! 可変ダンベルもね!

アマゾンで、Youtenのフラットベンチ(YT-OFB)を購入しましたのでレビューします。

アマゾンには色々なフラットベンチが売られていますが、高さ調整ができ畳めてコンパクト、価格もお得感のあるYouTen(ユーテン) を選びました。

到着時の箱のサイズは42cmx21cmx110cmで、クロネコヤマトで届きました。

 

Youten フラットベンチ 外見チェック

Youtenのフラットベンチの裏側

フラットベンチを箱から出した状態。すでに組み立てられた状態で送られてくるため、使用前のドライバー等は一切不要。楽ちんです。

このフラットベンチ本体のサイズは、幅38cmx110cmx47cmです。

足が横に少し飛び出してて、邪魔かなと思ったのですが、安定性を保つためのようです。

 

フラットベンチの足の部分。ネジつまみが2つあり、左側が高さ調整、右側が足を開く・閉じるときに固定する役割を果たします。

 

足を開くために、ネジを緩めます。

 

 

バカっと開きました。

 

再びねじを締めます。ここをしっかり閉めないとグラつきの原因となります。高さは39cm、41cm、42cm、44.5cm、47cmの5段階調整ができ、身長に合わせて調節可能です。

 

もう片方も足を開いて、固定して設定完了です。迷うこともなく、力もいらず簡単に組み立てが終わりました。そう、マットの下に赤いラインがありますが、グレーバージョンもあります。私は赤を選びました。

 

YouTen フラットベンチの品質チェック

結構、縫製が粗いというか雑で、糸のほつれがあちこちに見受けられます。

 

ちょっと画像では分かりれにくいですが、細かい糸抜けがあちこちに・・・

 

それ以外は、特に問題なくコスパの良いフラットベンチだと思います。

 

YouTen フラットベンチのクッション性は?

安物フラットベンチは、クッションが弱かったり、すぐにへたってしまいますが、こちらはどうでしょうか。

このユーテンのシートの厚さ7cmと厚みがあり、メーカーは耐荷重300kg、750kgの荷重検査で証明済みとしています。

 

ダンベルローイング時の姿勢。ダンベルは持っていない状態ですが、それ程凹みはありません。

 

24kgのダンベルを載せた状態。

 

こちらもほとんど、沈んでいません。使い込んでいるわけではないので、はっきり言えませんが、耐久性は高いようです。

 

YouTen フラットベンチで筋トレ環境完成!

Youtenのフラットベンチと可変ダンベル

RANKERの可変式ダンベル24kg、2個セットとゴールドジムのパワーグリップを用意し筋トレ環境ができました。

 

ダイヤルで重さを変えることが出来る可変ダンベル。これ一つで、約3.5kg~24kgまでの種類ダンベルとして使えます。

 

 

左右のダイヤルを回して、重さを調節します。

 

Youtenのフラットベンチ

重さを10kgにした状態。ダンベルの芯に10kg分の重さが付くようになっています。これで筋トレ環境が整いました。

スポーツジムだと順番待ちで、筋トレする順番が狂ったり、種目の間で時間が空いたりして嫌だったのですが、そのようなことが気にすることなくトレーニング出来ます!

 

タイトルとURLをコピーしました