GOLD’S GYM パワーグリップ購入レビュー

ゴールドジムのパワーグリップを購入したのでレビューします。

ダンベルベンチプレスで、ダンベルの重量が14kgを超えたあたりから、手のひらが痛くなりました。

そこでトレーナーの人に相談したところ、解決策として教えてもらったのが、このパワーグリップです。

 

GOLD GYM パワーグリップ パーッケージ表

僕は手のひらが小さいので、Sサイズを選びました。

 

GOLD GYM パワーグリップ パーッケージ裏

パッケージの裏側。使い方が書いてあります。

 

パワーグリップ表

パワーグリップの表。赤い部分がスポンジのような素材で出来ており、パッドの役目を果たします。

 

パワーグリップ裏

パワーグリップ裏側。マジックテープがあり装着時に固定します。

 

パワーグリップのマジックテープ

持ち運び時には、ベルトの部分を折り畳みマジックテープに付けることで、このようにコンパクトになります。

 

パワーグリップ

使う時は、金属枠の中にベルトを通します。

 

パワーグリップ

ベルトを戻して折りたたむとマジックテープで固定されます。

 

パワーグリップ

仕上がりは、このような感じになります。

パワーグリップ手に付けた時の表

腕にパワーグリップを装着した様子(表側)。

 

パワーグリップ手に付けた時の裏

腕にパワーグリップを装着した様子(裏側)。

パワーグリップ 押すとき

自宅にダンベルが無いので、ボトルを使って説明します。ダンベルなどを持って押し上げる時は手とダンベルに間に、ベロを挟んだ状態で持ちます。

パワーグリップ引っ張る時

バーベルを下から上に引き上げる時などは、手とベロの間にバーベルを入れるような形で持ちます。

パワーグリップを使ってみた感想ですが、手の痛みも解消され、トレーニングも徐々に重くすることができ、ダンベルベンチプレスで14kgで手に痛みを感じていたのが、22kgのダンベルまで持ち上げても大丈夫になりました。

また、引っ張る系のラットプルダウンも、35kgで諦めていたのが50kgまで耐えられるようになりました。

握力を増やすことを特に考えていないのであれば、パワーグリップはお勧めです!