iPad用スタンド PDA-STN7BK 購入レビュー

iPadを購入し自炊して本を読んでいますが、iPadを机に置いて水平に読むのではなく、少し斜めに立てた状態で読みたいと思い、iPad用のスタンドPDA-STN7を購入しましたので、レビューします。

毎度のアマゾンで購入です。

 

iPad用スタンドの箱チェック

スタンドカラーは、ブラック(PDA-STN7BK)とホワイト(PDA-STN7W)の2種類で、今回iPadのカラーと合わせブラックを購入。

 

PDA-STN7BKのパッケージ表側。

 

PDA-STN7BKパッケージ裏側。

 

iPad用スタンドの開封作業

スタンドをパッケージから取り出した状態。

 

iPadにカバーを付けている人は、スタンド内側のカバーを取り外すことで、そのままスタンドに置くことが出来ます。

 

スタンド正面からみて左側のヒンジ部分に、プッシュボタンがあり、ここを押すことによってスタンドの角度の調整が出来ます。

 

スタンドの角度を上げた状態。

 

スタンドの角度を一番低くした状態。

 

スタンドを折り返した状態。このスタイルはスマートホンを置くときに使用します。

 

スタンドにiPadを載せた状態。その1。

 

スタンドにiPadを載せた状態。その2。

 

少し見にくいですが、ホームボタンにあたる部分はボタンに沿って切り込みがあり、スタンドにiPadを載せていても、ボタンを押すことが出来ます。

 

 

スタンドを折り返して、iPod Touchを載せた状態。

 

斜めから見ると、このような感じになっています。

 

 

普段は、このようにしてiPadで本を読んでいます。

スタンドで角度をつけて使用すると、長時間、自炊した本を読むときに首が楽になります。

また、電子書籍は指でタッチするだけで、ページがめくれるので本当に便利です。この便利な体験をすると、両手で本を読む行為がとても面倒になります。

iPadで自炊した本を読む方は、ぜひスタンドを利用することをお勧めします。

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました