ベッドでシャンプーして頭を洗う 洗髪器 サッパリさんを購入

体力低下から、流しでの洗髪(シャンプー)さえも、出来なくなってしまい、髪を洗わない日が20日以上経過しました。

さすがに、臭いや髪のギトツキ感がひどい為、本気で何とかしないとと考えネットで調べたところ、ベッドに寝たままシャンプーができる、髪を洗える洗髪機の「サッパリさん」を発見し購入することにしました。

相変わらず、切羽詰ってから行動するこの性格を治したいのですが・・・(まぁ理由もあるのですが、過去いろいろ本人にいいだろうと購入したものの殆んどが気に入ってもらえなかったことがあるので、今回のベッドで頭を洗うことを本人が受け入れるのかという漠然とした不安もあったのです)

 

オカモト 洗髪器 サッパリさん パッケージを開けたところ

ベットでシャンプー・髪・頭を洗うことできる洗髪器「サッパリさん」の中身。付属品は、

  • 洗髪機本体
  • 防水シート
  • エプロン
  • 排水ホース
  • ハンドポンプ
  • エアー抜き栓
  • 専用ボトル2本

になります。

 

オカモト 洗髪器 サッパリさん本体

こちらが、洗髪機本体。使うときは、空気を入れてふくらまします。収納時はこのようにコンパクトになりますので場所を取りません。

 

首元の空気穴

空気の入り口は2カ所あり、一つ目が首元にあたる部分です。

 

首元の空気穴に空気を入れる

付属のハンドポンプを使い空気を入れていきます。

 

2つ目の空気穴に空気を入れる

もうひとつ目は、サイドにあります。ここは本体全体に空気を送ります。

 

仕舞う時は、空気を出す部品で

本体を仕舞う時は、付属のエアー抜き栓を使い、空気を抜き取ります。

 

左右にホースをつなぐ穴があります

本体左右には、排水を行う穴が2つあります。ベットの位置に合わせて、排水向きを決められるので便利です。排水ホースを接続しない穴は、横にある栓で塞ぎます。

 

穴はこのような感じ

こちらが穴の様子。後で説明しますが、穴の位置が若干高いため、水がうまく排出せず、底に水が溜まります。

 

本体は枕とシートの2つ接続するためのマジックテープがある

本体に頭を入れる部分。奥の2つのマジックテープがエプロン、手前2つのマジックテープが枕をつける部分です。

 

本体にシートをセットして

エプロンの付け方。本体下にエプロンを置きます。

 

マジックテープをつけます

そして、壁にあるマジックテープとくっつけます。

 

そしてくるっと外側へひっくり返します

くるっと向こう側にひっくり返して、準備完了です。

 

枕を横(低くした状態)

本体に枕を横に取り付けた様子(低い方)。枕は、縦・横の面にマジックテープがあり、介護者に合わせて高さが調整できます(2段階だけですけど・・)。

 

枕を縦(高くした状態)

枕を縦に取り付けた様子(高い方)。うちの母は、この高さでちょうどよかったです。

 

ベットに洗髪機を設置した様子

ベットに設置した様子。防水シートをベッドに敷いて、その上に洗髪機を設置します。うちのベッドの設置状況から、排水ホースは画像でみて左側に設置しました。

 

洗髪機に排水用ホースを接続した様子

排水ホースと本体接続した様子。

 

シャンプーと濯ぎ用のお湯を入れるボトル類

こちらは、排水ホースと排水をためるバケツ(別売り)と、シャンプー、濯ぎ用のお湯を入れるボトル類。

 

市販のペットボトルのキャップにキリで穴をあけます

付属のボトル2本では足りないので、別途市販のペットボトルを利用して、キャップにキリ(大きい100円ショップなどで売っています)で穴をあけてボトルを増やしました。

ただ、このペットボトルは2リットルあるので、持ちにくいことと、ボトルが柔らかいタイプで、持つとつぶれるため、洗いにくかったです。

ということで、ペットボトルを利用する際は、900ml程度の柔らかくないものを使った方がいいと思います。

 

洗髪機に介護者を乗せた様子

洗髪機に介護者を乗せた様子。

 

ベットで髪を濡らします

20日程度、髪を洗えず脂ぎっていたため、お湯ですすぎながら髪をとかします。

 

ベットでシャンプーをしている様子

シャンプーが終わった様子。母が入院時、院内の床屋さんで髪を洗ってもらっていたのですが(看護師さんに頼むと洗ってくれるらしいのですが、忙しいのに気を使い床屋へ行っていました)、その時に最近髪が抜ける相談をしたところ、髪を洗っていないと、抜けやすくなると教えてもらったそうです。

というわけで、結構髪が抜けていました。

 

ベットでシャンプーを洗い流している様子

こちらが、シャンプー後に、お湯で洗い流した様子。ここで先ほどの問題が発生します。

 

水が流れないため髪がついてしまう

排水の穴が高いため、水が流れないのです。そして、せっかく洗った髪が汚れたお湯につかっています。

ですので、いったん排水口に傾けるなり、低くするなりして、水を流します。

 

排水した水

排水を行うと、このような感じでバケツに溜まります。

 

綺麗になった髪の毛

先ほど、汚れた部分を再び、洗い流して頭を洗う作業は完了です。

 

ドライヤーで乾かして完了です

最後にドライヤーで乾かして、完了です。

洗髪自体は20分です。ただ、箱から洗髪機を出してお湯をボトルに入れ、設置、洗髪、片づけと、トータルだと40分程度かかります。

エプロンや洗髪機は拭いた後に、自然乾燥させますので、もう少し時間がかかりますが。

それと、2人で洗わないと大変だと思います。頭の裏側をお湯ですすぐ時に、頭を上げてボトルを持ちながら髪を洗うことはできませんので。そのほかであれば、一人で出来るんですけどね。

とりあえず、これで頭もきれいになって、すっきりしたので本人も喜んでいました。1万円弱と少し値段が張りましたが、本人のつらさを考えれば、いい買い物だったと思います。