Logitec ブルーレイ/DVD/CDドライブ LBD-PVA6UCVSV購入レビュー

4.0

LBD-PVA6UCV

UltraHDブルーレイ対応のポータブルBD/DVD/CDドライブ、LBD-PVA6UCVSVを購入したので、このブログで使用感・感想をレビューしたいと思います。

 

ブルーレイ/DVD/CDドライブ LBD-PVA6UCVSVのパッケージを見てみる

パッケージ表

パッケージには、付属ケーブル・ソフト、ドライブ性能・特徴が書かれています。USBコネクタは最新のType-Cで、将来的に長く使えそうです。

その他、UHD BDBlu-rayドライブ、BDLX対応、USBバスパワー対応、Windows10、MAC対応、Mディスク対応などが記載されています。

 

ブルーレイ/DVD/CDドライブの仕様

対応メディアと記録読み出し時の速度が書かれています。

ドライブの小型化・バスパワーでの動作と携帯に特化した作りになっている為、デスクトップの5インチベイドライブタイプに比べると速度は劣りますが、通常の使い方であれば問題ないかと思います。

 

ブルーレイ/DVD/CDドライブの特徴

パッケージ後ろの上部には、USB Type-Cの特徴がスペースを取られて書かれています。

また、4K対応ブルーレイ、大容量可能にするbdxl対応、Mac 対応などについて書かれています。

 

ブルーレイ/DVD/CDドライブの付属ソフト

パッケージ下には、付属対応ソフト「動画再生 corel WinDVD for Logitec」、「動画編集/オーサリング Roxio My DVD」、「データ書込み Roxio Secure Burn」について書かれています。

なお、付属ソフトはダウンロードで入手する方法になっています。

 

USB Type-C コネクタをAmazonで購入

usb type-cケーブル

今回購入した、ブルーレイ/DVD/CDドライブはSurface Goで使うため、両方の端子がUSB Type-Cのケーブルを別途Amazonで購入しました。

ブルーレイ/DVD/CDドライブにも付属されていますが、長さが短かったためもう少し長いタイプが欲しかったのです。

 

usb type-cケーブル

こちらが今回購入した、USB Type-Cケーブルです。最近流行りのケーブルの被膜がナイロン編みになっております。

 

usb type-cケーブルのコネクタ

断線しやすいコネクタ周りもしっかりゴムで覆われており、長期にわたって使用できることが期待できます。

 

ブルーレイ/DVD/CDドライブをSurface Goで使う

Surface goとブルーレイ/DVD/CDドライブ

早速、Surface GoにUSB ケーブルで接続しブルーレイ/DVD/CDドライブを使ってみました。

ケーブルを挿すとWindows側で、自動認識されすぐに使える状態になりました。

 

ブルーレイ/DVD/CDドライブを使っている所

CDの読み込み・リッピングを行いましたが回転数の早いため、やや大きめの音で「ぶぉぉぉぉぉ」って感じで、データの読み込みを行っていました。

回転数が速いと、音が大きくなってしまうのは仕方がないですね。

CDジャケットサイズでコンパクト・バスパワー(USBケーブル一本での接続で動く)と、持ち運びに便利なブルーレイ/DVD/CDドライブです。

 

タイトルとURLをコピーしました