バレンタインで貰った「Karel Cape 小鳥のキューティータイム」を食べてみる

小鳥のキューティータイムのパッケージ表

少し遅れたバレンタインで頂いた、Karel Capek(カレルチャペック)の「小鳥のキューティータイム」。パッケージは山田詩子イラストが描かれている。

 

小鳥のキューティータイムのパッケージ裏側

原材料名 砂糖、ココアパウダー、全粉乳、カカオマス、コンフレーク、植物油種、小麦パフ、いちごパウダー、ココアパウダー、紅茶パウダー、乳化剤(大豆由来)、香料、膨張剤、着色料(酸化チタン、炭松、赤40、青1)等。

 

小鳥のキューティータイムの内容

4種類のかわいいチョコが入っています。

 

いちごクランチ

いちごクランチ。

 

いちごクランチを割る

食べた感想は、ホワイトチョコで包んだコーンフレークを食べている感じで、そのうち、いちごの香りと味がして2度楽しめるチョコ。

 

ダージリンガナッシュ

ダージリンガナッシュ。鳥の絵が描かれている。ツイッターみたい。

 

ダージリンガナッシュを割る

2重構造になっており、外側は普通のチョコ、内側は紅茶の味がするチョコで、こちらも2つの味が楽しめる。

 

板チョコ2枚

鳥の絵が描かれた包み紙の板チョコ。

 

板チョコ

正方形で、表面には模様が刻まれている。

 

板チョコを割る

割るとこんな感じ。中に何か仕込みとかはなく、1種類の味がする普通の板チョコですね。味はミルクチョコです。

 

ホワイトチョコ

ホワイトチョコ。画像ではわかりにくいが葉っぱに似せた凹凸がある。

 

ホワイトチョコを割る

こちらも1種類の味がするホワイトチョコです。

思ってもいない人から突然頂きましたので、驚きと共にうれしかったです!