iBUFFALO BSHSBE18BK Bluetoothヘッドセット購入レビュー

PC、携帯、iPod、iPad。この4台を使うたびにイヤホンを抜き差しするのは面倒くさい!

と、いうことでマルチポイント対応のiBUFFALO BSHSBE18BK Bluetoothヘッドセットを購入したのでレビューします。

このヘッドセットのスペックは、

  • Bluetooth3.0+EDR対応
  • ハンズフリー通話、A2DP・SCMS-Tで音楽・ワンセグも聞ける
  • CVC(ClearVoiceCapture/音声改善技術)搭載で高音質通話
  • マルチポイント対応でPCやスマートフォン同時に2台接続
  • マルチペアリングで最大8台まで記録
  • 最大6時間の連続通話

と、最近流行の比較的、新しいスペックです。使用感は下記に記載していますが、これだけのスペックで、低価格帯であれば大満足です。

購入は、毎度のアマゾンです。

カラーバリエーションが、下記の6種類もあり迷いましたが、結局無難ブラックにしました。

 

いつもは千葉の市川から配達されるのに今回は大阪方面から来ました。在庫がなかったのでしょうか。

 

パッケージ裏側の説明部分。「音質向上・長持ちバッテリー・8台までのマルチポイント」など文句なしのスペック。

 

iBUFFALO BSHSBE18BK Bluetoothの付属品一覧。マニュアル類2冊。インナーイヤホンS・M・Lの3種類、充電用USBケーブル。

 

サイズ比較として、単三電池と撮影。小さいのがわかります。

 

BSHSBE18イヤホンの本体上にある充電用コネクタ。 ゴムのカバー付きでゴミが入りにくい仕様になっています。

 

ワイヤレスイヤホン本体下にあるマイク穴。

 

サイド側にあるボリュームスイッチのマイナス側。

 

同じく、サイド側にあるボリュームスイッチのプラス側。

 

 

確認ランプがついた状態。充電中は赤、使用中は数秒に一回ブルーで点滅します。本体背面全体がスイッチになっていて、2秒間押すことで電源のオン・オフが出来ます。

以前は、プラネックスのBT-06HS-CBKEZを使っていました。このbluetoothイヤホンは、常に「すー」っというノイズが聞こえていたのですが、1000円台ということと初めてのbluetoothイヤホンということもあって、こんなものなのだろうと思っていました。

がしかし、今回購入したiBUFFALOのBSHSBE18、Bluetoothヘッドセットは、殆ど気にならないくらい「すー」っというノイズ音がありません!

普通のイヤホンと変わらないぐらいの音質。えー、今までノイズ音はなんだったの?と思うくらいです。

 

また、マルチポイント対応のため、iPad、iPod touch,携帯(ワンセグ対応),PCと4台で使いまわしがきくので、机の上からイヤホン類が消えてすっきりしました。

というわけで、低ノイズで複数のBluetooth対応機器を持っている方は、ぜひこのiBUFFALO BSHSBE18BK Bluetoothヘッドセットがお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました