ヘルシオに付いた魚の臭いを取る

ヘルシオで、さんまの内臓を取らずに焼いてしまったら、さんまが爆発して、すごく臭くなってしまったので、ヘルシオを脱臭クリーニングして嫌な臭いを取ることにしました。

あー買ったばっかりのヘルシオの内部が、めちゃくちゃ汚れてしまった。

しかもいくら拭いても落ちないんです(T_T)

 

シャープのウェブサイト「庫内クリーンを行っても、ニオイが取れないときは」によると、

1.角皿に茶ガラを広げ、上段にセットしてください。
2.手動加熱で「 オーブン(予熱なし 200℃) 20分 」運転をしてください。

ということなので、試してみることにしました。

 

ヘルシオに付いた臭いを茶葉を使って脱臭する

茶葉とヘルシオ

ホテルに泊まった時に、持って帰ってきたティーパックがこんな所で役に立つとは・・・。

 

茶葉を取り出し、お茶碗に入れます。

 

茶葉が入ったお茶碗に、水を入れてかき混ぜます。

 

ドロドロになった茶葉をトレイの上に広げます。

あれ、これは足りないぞ。

 

と、言う分けで、お返しで貰った茶葉を追加します。

 

トレー全体とまではいきませんが、ある程度の茶葉を広げられるようになりました。

 

茶葉を乗せたトレーをヘルシオ中に入れます。

 

メニューから「手動調理」を選びます。

 

続いて「オーブン」を選択。

 

「余熱なし」を選択して「決定」をします。

 

温度は「200°」、時間は「20分」を設定します。

 

20分のヘルシオの様子。 トレイ上の茶葉がカピカピです。効果の程ですが、確かに臭いは少し落ちました。ただ、やはりまだ魚の焼いた匂いが残っています。

あと蒸し料理をする予定でしたので、これ以上の臭いを取る作業は一旦中止しました。

蒸し料理をすれば、水蒸気で臭いが洗い流され、臭いが弱まるからと考えたからです。

 

カピカピになった茶葉を洗い流します。

 

水だけでは、茶葉は落ちなかったので、歯ブラシを使って洗い流しました。

タイトルとURLをコピーしました