余白なしディスクレーベル印刷プリンターはエプソン

急遽、ディスクレーベル印刷をしなければならなくなったので、対応プリンタを購入しました。

普段レーザープリンタを使っているので、ディスクレーベル印刷専用のプリンターがあればよいのですが、売っていないようなので、無難に一般のプリンタを購入することにしました。

しかし、とある理由で、すぐにプリンタを買い替える羽目に…。

そこで、経験を元に「CD、DVD、BD(ブルーレイ)の各ディスクレーベル」を印刷をする際に、お勧めのプリンタを紹介します。

で、結論をいきなり書くと「おすすめはエプソンのプリンタ」「キヤノンのプリンタはダメな商品です」です。

それぞれのプリンターを比較しながら順を追ってみていきます。

 

キヤノンのプリンタでディスクレーベル印刷をする

今まで使っていたプリンタがキヤノンなのと、黒インクに顔料が採用されており、黒い文字を印刷する際、きれいに印刷される為、今回もキヤノン選びました。

 

インクをセットして、セットアップを始めます。

 

テスト印刷をして設定完了。早速CDレーベル印刷をします。

 

あれ、CDの外周に余白・隙間があります。

 

拡大した様子。1.5mm程の印刷されていない部分があります。

 

レーベル印刷時の詳細設定の項目を確認すると、外径のサイズが118mmまでしか設定できません(因みにCD・DVD・BDのサイズは12cmです)。

ちょっと余白・白い隙間ができると、出来栄えが良くないのでキヤノンへ電話して、隙間なく印刷する方法を聞いたのですが「無理です」と言われました。

キヤノンのウェブサイトに掲載されている、CDレーベル印刷の見本では余白がありません。

その事を指摘しても「よくよく見ると隙間あります」と、しょうもない言い訳をしたんで、返品してと言ったら、販売店に話してくれと言われたんで、販売店に事情を説明して返品をすることになりました。

 

 

エプソンのプリンタでディスクレーベル印刷をする

キヤノンの「印刷できません」の返答から、じゃエプソンかという前に、念のためエプソンに電話して、余白・隙間なくCDレーベル印刷ができることを確認してからエプソンのプリンタを購入。

別の黒い機種が欲しかったんですが、持ち帰り用の在庫がないといわれ、仕方なく白い機種になってしまいました。

 

キヤノンのプリンタを返品する前に並べて撮影。今回購入したエプソンのプリンターはキヤノンと比べ安い機種なので、サイズが一回り大きいようです。

 

CDレーベル印刷する時に使用するトレイは前面にあります。

 

インクをプリンターにセットして設定を進めます。

 

テスト印刷をして、準備完了。

 

エプソンのCDレーベル印刷ソフトの設定画面。キヤノンは外径118mmまでしか指定できなかったが、エプソンではCDサイズの120mmまで設定可能。

但し、内径はキヤノン17mmまで指定できるのに対しエプソンは18mmまでしか出来ませんが、内径は18mmの指定でも十分なので問題なし。

 

早速、CDレーベル印刷をしてみると、ほぼ余白・隙間が無く印刷されています(手前はキヤノンで印刷したCD)!

そう、これが普通ですよね。写真は余白なしで印刷出来るのに、CDレーベル印刷はダメとか意味わからん。

 

キヤノンが隙間なく印刷できない理由として「トレーが汚れるから合えて印刷範囲を狭くしている」と言っていました。エプソンに電話した時もトレーが汚れますが、余白なく印刷はできますと言われました。

 

印刷後、トレーをティシュで拭いてみると、確かにインクが付いていました。でもこれぐらい大した問題ではありません。

と、いう分けで無事、余白なくCDレーベル印刷が出来たのを確認した所で、キヤノンのプリンタは返金してもらいました。

余白なくCD印刷をしたい方は、キヤノンではなくエプソンのプリンターをお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました