Audioengine A2+ パワードスピーカー購入レビュー

海外のパソコンがある部屋の写真を見ていると、よく目にするスピーカー「Audioengine(オーディオエンジン) A2+ワイヤレス・パワードスピーカー」を購入したので、レビューします。

 

高級スピーカーらしく、一つのスピーカー毎に、布袋で包まれています。

 

布袋を取ると、さらに発泡スチロール状のマットでスピーカーが包まれています。

 

発泡スチロール上のシートを取り出した状態。スピーカーの後ろが出てきました。

 

合わせて購入した、オーディオエンジン用スピーカースタンドも開封します。

 

AC アダプターとケーブル類一式。

 

AC アダプターのスペック面。

 

AC アダプターから出ている電源コネクタは3ピンのものです。

 

オーディオエンジンスピーカーの裏側。 インプット端子やボリューム、USB コネクタなどが見えます。

 

左側のスピーカーは、ピンを緩めて見えた穴に対しオーディオケーブルを差し込みます。

 

ケーブルを差し込んだらネジを締めて固定します。

 

今まで使っていたCreative Inspireのスピーカー、T10 R3(IN-T10-R3)。

 

クリエイティブのスピーカーの前にオーディオエンジンのスピーカー置いて、動作を確かめます。

音を実際に再生してみると、、、

「すげーがっかり」

音の鮮明さ(中・高音域)はクリエイティブのスピーカーより、やや上ですが、 低音が殆ど出ません。

すっかすか。

これ、本当に3万円台のスピーカーか? という感じです。

さらに、追い打ちをかけるのが、ホワイトノイズの大きさ。

神経質な性格のため、普通の人よりすごくホワイトノイズが気になります。

と、いうか3万円も出して、こんなにホワイトノイズでるの?って感じです。

どうしても納得がいかなくて、「Audioengine A2+ ホワイトノイズ」でググったら・・・記載しているサイトが出ました。

 

ホワイトノイズは両方ともあるけどA2+の方が少しだけ大きな気がする。(スピーカーから10~20cmの距離まで聞こえる。神経質かもしれませんが…)

引用元 https://2ch.review/cache/view/hard/1394467730#788

やっぱり、同じように感じる人がいた! でもこの記述しか見つけられない所をみると、ホワイトノイズが気になる人は少数派なんでしょう。

 

とりあえず、机に設置完了。

 

専用スピーカースタンドに乗せて、音が耳の位置に向くようにしました。

 

小さいわりに貫禄があります。

 

下にある一本の隙間ですが、塗装を見える位置まで塗って欲しかった。

 

右側。

 

左側。

エージング期間を得ても、音に納得がいかないので、ドナドナして元のCreative Inspireのスピーカー、T10 R3に戻しました。

Creative Inspireのスピーカーは約4,000円、Audioengine A2+は約33,000円(+スタンド4,000円)で、価格差8倍以上。

ぜったい8倍の価値はない!

やっぱり、特に許せないのがホワイトノイズ。 オーディオエンジンのスピーカーに変えてから、常にホワイトノイズが気になり「イライライライラ…」

Creativeのスピーカ IN-T10-R3は元々コスパがいいと評判のスピーカーなんで、音質もそんなに悪くないんです。

こんな価格差が出るなら、IN-T10-R3を買ってその分他のパーツに投資した方が良いです。

Creative Inspire T10 R3 スピーカー IN-T10-R3
クリエイティブ・メディア
¥3,932(2019/11/17 06:40時点)

 

Creativeのスピーカ IN-T10-R3の唯一、嫌な所はボディが光沢のピアノブラックな所。指紋が目立つので、好きじゃないんです。マッドに変えてくれたらなぁと希望しております。

タイトルとURLをコピーしました