無線LAN子機 USBタイプ WLI-UC-G301Nレビュー

部屋の模様替えを行い、PCとルーターとを接続しているLANケーブルの配置が部屋の中心を横断するようになってしまい、PC側も無線LANに切り替えることにしました。

そこで、本体と同じメーカー、BUFFALOの無線LAN USB子機 WLI-UC-G301Nを選ぶことにしました。

まずは、パッケージから。

 

WLI-UC-G301N パッケージ1

WLI-UC-G301N パッケージ 表「300Mbps、11n,g,b、光・ハイビジョンも高速ワイヤレス、コンパクトサイズ、強力セキュリティー、かんたん設定AOSS」が書かれている

 

WLI-UC-G301N パッケージ2

WLI-UC-G301N パッケージ 裏。図でわかりやすく「11nの高速無線LAN機能についてや、コンパクトサイズ 63%小型化、かんたん設定AOSS」が書かれている

 

WLI-UC-G301N 付属品一覧

WLI-UC-G301N 付属品「説明者、CD-ROM、USB延長ケーブル、WLI-UC-G301N本体」

 

WLI-UC-G301N 本体 表

WLI-UC-G301N本体表と、比較用に単三電池。USBコネクタ部分を除く本体のサイズは単三電池とほぼ一緒です。

 

WLI-UC-G301N 本体 裏側

WLI-UC-G301N本体裏側。MACアドレス、シリアルナンバーが記載されています。

 

WLI-UC-G301N PC本体に接続した様子

PC本体にWLI-UC-G301Nを接続した様子。ブルーのランプが光ります。無線アクセス中は点滅します。

 

wli-uc-g301n クライアントマネージャ3

付属のクライアントマネージャ3ソフト。ステータスパネルを表示したところ。

 

wli-uc-g301n クライアントマネージャ3 検索

付属のクライアントマネージャ3ソフト。アクセスポイント検索パネルを表示したところ。

 

wli-uc-g301n クライアントマネージャ3 プロファイル

付属のクライアントマネージャ3ソフト。プロファイルパネルを表示したところ。

 

WindowsXp標準の無線LAN

先のクライアントマネージャ3は、詳しい無線LAN状況がわかって便利なのですが、常駐ソフトを減らしたいので、Windows標準のネットワーク無線LANを使っています。

無線化で、不要となったLANケーブル15m・・・

 

不要になったLANケーブル15m

無線LAN子機は、小型で安いものもありますが、電波の飛びが弱いためデータ転送速度が遅くなる傾向があります。

確実に近くに「無線LANルーターがある。またはモバイル用で速度よりも小型タイプがほしい」と明確な理由がない限り、今回購入したWLI-UC-G301Nがお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました