シグマAPO ワイヤレスキーボードSCKRF88BK購入レビュー

数か月前、テンキーレスのワイヤレスキーボードを探して満足するものが無く、一時保留にしてましたが、ひょんなことからほぼ理想に近いキーボードを購入できました。

それが、シグマAPO製のワイヤレスキーボードSCKRF88BKです。シグマはPC周辺機器メーカーでしたが、2010年頃に倒産してしまいました。

その在庫がアウトレットショップで安く売られていたので、今回購入できました。

主なスペックは、アイソレーションタイプ、パンタグラフキーボード、 テンキーレス、キー幅19mm、ワイヤレス仕様です。

 

シグマAPO ワイヤレス日本語88キー SCKRF88BK パッケージ表

マウスでも展開していたONYX(オニキス)シリーズのワイヤレスキーボードSCKRF88BKのパッケージ表側。本体が透けて見えます。

 

シグマAPO ワイヤレス日本語88キー SCKRF88BK スペック部分

パッケージ表のスペックアイコンのアップ。Windows7/Vista/XP/2000、PS3/Wiiで使用可能です。使用電波帯は2.3GHz RFです。他にメタリックボディ、ファンクション5キー装備、大型キー、キー耐久1000万回、縦置き可能、バッテリーインジケーター、パワースイッチなど。

 

シグマAPO ワイヤレス日本語88キー SCKRF88BK パッケージ裏側

パッケージ裏側の様子。詳しい仕様やスペックが書かれています。

 

シグマAPO SCKRF88BK裏パッケージ1

パッケージ左側の部分。ファンクションキーの解説やパンタグラフ式キー、耐久性について説明があります。

 

シグマAPO SCKRF88BK裏パッケージ2

パッケージ右側。キー配列やスペックが記載されています。

 

シグマAPO SCKRF88BK裏パッケージ3

左側説明の拡大画像。

 

シグマAPO SCKRF88BK裏パッケージ4

右側の説明拡大画像。

 

シグマAPO SCKRF88BK裏パッケージ5

製品仕様の拡大画像。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体と付属品一覧

箱から取り出した本体SCKRF88BKと付属品の説明書、レシーバー、単四電池2本。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体

表のキーボードフレームはツヤ有のブラック塗装です。ここ数年はやりのアイソレーションキーボードで、ほこりやごみが入りにくいです。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体Enterキー

このキーボードで一番大きく目立つのがEnterキーです。大きくて押しやすいです。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体電池ランプ

PRT SC/SYS RQキーとINSERT/PAUSEの中間で上にあるのがバッテリーインジケーターです。電池がなくなると点灯します。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体裏側

本体の裏側。マットラバーコーティングがしてあります。目立たない裏側もこっています。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体ツメ

左右にある爪を立てた様子。使わない時は、キーボードを90度にして立てることができ、コンパクトに収納できます。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体裏側電池ボックス

中央にある電池ボックス。単四を2本使用します。1日8時間中25%操作を行った場合、110日アルカリ電池が持ちます。電波が届く範囲は約10mです。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体裏側電源スイッチ

裏側から見て左側にある電源スイッチとレシーバーにID登録をするときに使用するボタンです。

 

サンワサプライ SKB-SL09Wキーボート

こちらが、いままで使用していたワイヤード 86キーボードのサンワサプライSKB-SL09Wです。マウスはワイヤレスタイプなので、余計にキーボードのコードが気になっていました。

 

シグマAPO SCKRF88BK本体設置

こちらが今回購入したシグマのワイヤレスキーボードSCKRF88BKです。机周りがすっきりし理想の環境になりました。

キーの配置が以前使っていたキーボードと若干異なるので、少し慣れが必要ですが、パンタグラフ方式で打ちやすく比較的静かなので気に入っています。

これでやっとスマートなPC環境が整いました。

タイトルとURLをコピーしました