Windows10のSandboxがError 0x80072746で起動しない

Windows 10 May 2019 Update(ver.1903)の新機能として追加されたSandbox(サンドボックス)。

今はOracle VM VirtualBoxでWindows8.1を使っているので、代わりになるのかと思い、インストール・使ってみました。

VMだと実行中を保存して、再復帰させると保存した日時のままになってしまい、その度に日時間更新をしないといけないので面倒だったのです。これがサンドボックスで改善されればよいかなと思い期待してました。

サンドボックスの動作環境としては、

  • Windows 10 ProかWindows 10 Enterprise版
  • AMD64アーキテクチャー
  • BIOSで仮想化支援機能が有効化になっていること
  • 4GBのシステムメモリ以上
  • 1GBのディスク空き容量以上
  • 2つのCPUコア以上

が挙げられます。ここで気になるのが「AMD64アーキテクチャー」。インテルのCPUでは起動しないのかと思いましたが、結果から言うと、IntelのCPU(うちの場合はCore i7-7700 3.6GHz)でも動作しました。

 

まずはWindows 10 May 2019 Updateを行う

まず、マイクロソフトのサイトからWindows 10 May 2019 Update(ver.1903)の実行ファイルをダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード

 

ダウンロードしたら、一般的にはダウンロードフォルダー内のWindows10Upgrade9252.exeをクリックして実行します。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出るので、「はい」を押して、実行し、つつがなくインストールします。

途中いくつかクリックする場面がありますが、迷うことはないでしょう。ただ、インストールに時間かかるので、暇なときに作業することをお勧めします。

 

ウインドウズ サンドボックスのインストール方法

「スタートボタン」→「設定(歯車のアイコン)」をクリック。

 

「Windowsの設定」から「アプリ」を選択。

 

「アプリと機能」で下にスクロール。

 

下にある「プログラムと機能」をクリック。

 

「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック。

 

「Windowsの機能」で下の方にある「Windowsサンドボックス」にチェックを入れ「OK」ボタンを押す。

するとサンドボックスの機能がインストールされます。

 

サンドボックスがError 0x80072746で起動しない

ワクワクしながら「スタートボタン」→「sa」と入力してシートカットを呼び出し、サンドボックス起動!

 

windows10-sandbox-error-0x80072746

Windowsサンドボックス

サンドボックスへの接続が失われました。

Error 0x80072746. 既存の接続はリモートホストに強制的に切断されました。

この問題についてのフィードバックを送信しますか?

おーーーーーーーーい。まじか。去年の12月からサンドボックス使えるの楽しみにしていたのに!

検索してみると、ネット関連のエラーと書かれているサイトを見つけたので、接続をブロックしそうなアンチウィルスソフトやファイヤーウォールの設定を(ド素人なりに)調べてみたけど改善されず。

頭に来たので、Windows 10 May 2019 Updateごと消し去ってしまえ!ってことで、まずは下記のアップデートを削除。

 

「スタート→設定→アプリと機能→インストールされた更新」で、更新プログラムを削除。

ここで冷静になり、一つずつ消したら起動するかもと思い、まずは一番上の「KB4497935」の更新プログラムを削除し、サンドボックスを起動してみる。

 

あら不思議。起動出来ちゃった・・・。セキュリティ更新プログラムのバグだったのかい!

サンドボックス内のPCの日付がアメリカ方式になっているが、ちゃんと日本の時間になっているし、動作もOracleのVMよりキビキビ動くしいいですね!

ただ、起動時はまっさらなWindowsのみとなるので、毎回chromeインストールしてログインしてお気に入りを同期する・・・と毎回するのは面倒です。

そう考えると、私の希望する使い方ではVMの方がよさそうです。

 

追記
ポータブル版chromeを用意しサンドボックス側(ゲストOS)で実行する。googleサービスにログイン。そしてchromeフォルダーをコピー。大元のwindows(ホストOS)でペースト(ドラッグ&ドロップによる大元とのデータの相互受け渡しは出来ないがクリップボード経由なら可)。

そしてサンドボックス実行毎にchromeフォルダーをコピー&ペーストで転送すれば、比較的簡単にchrome環境が構築できました。googleサービスはログアウトされている状態ですが、お気に入りはそのまま残っているので、まぁ使えるかなという感じです。

と、いうわけで今まで使っていたVMは必要なくなりました。

今までありがとう! VMくん!(アビーシュート風)

 

お前もか! Oracle VM VirtualBoxが起動しなくなった

サンドボックスが私の想像していた使い方に向かなかったのでVMを起動したら、

VirtualBox エラー

仮想マシン”windows8.1″のセッションを開けませんでした。

とエラーが出て起動できない。。。VMを最新版、仮想環境も新規で構築しても同様のエラーに。。。

サンドボックスのエラー時以上に色々設定等をもがいてみましたが、駄目だったのでWindows 10 May 2019 Updateを削除してみます。

私の環境では、今のところWindows 10 May 2019 Updateはあんまり良くなかった。。。

タイトルとURLをコピーしました