水滴・汗がつかない真空コップ・マグカップ・タンブラーレビュー

新しく、結露しないコップのレビューを書きましたので、下記のリンクの方をご覧ください。

 

結露しない・冷たさ持続の真空コップ・タンブラー・マグカップを比較しました
暑い時期に、冷えた飲み物をコップやマグラップに入れると、すぐに周辺が結露して水滴が付着し、テーブルや机に水たまりが出来てしまいます。 また、時間が経過すると、飲み物がぬるくなり、タンブラーに入れたビールなど美味しくありません。 ...

 

夏にコップに冷たい飲み物を入れると水滴や汗がついて手が濡れたり、テーブルが濡れて不便です。

また冬に入れた飲み物の温度を保ちときたい時に便利なのが真空断熱で作られた保温マグカップです。

真空は熱が伝わりにくいので夏場は飲み物が熱が逃げず低温が持続し(保温・保冷)、結露もせず、冬場は冷めにくいので大変重宝します。

真空断熱保温で有名なのがサーモスという会社で、マグカップ、タンブラー、コップ、弁当箱など種類・サイズ共に多く販売されています。

では真空断熱にどれくらいの保冷・保温力があるのか、真空ではない2層タンブラーとサーモスの保温タンブラーとで比較してみました。

比較時期は夏場で、それぞれのタンブラーにミネラルウォーターと氷を数個入れ少し様子を見ます(室温25度での比較)。

 

 

結露しない・保温持続の真空断熱マグカップ・コップ
数十分後、真空タンブラーは一切結露しないが、普通のタンブラーは結露が発生し全体的に水滴が目立ちます。

 

保温コップ・マグカップ
一方の保冷・保温効果があるタンブラーは1~2時間経過しても真空の方は結露せず氷も余裕で残ってます。

この比較では圧倒的に真空タンブラーの勝ちです。

この保温マグカップのおかげで机がびしょびしょになる事が無くなった上、飲み物の冷たさ・暖かさも持続して、まさに一石二鳥ですよね。

暖かい飲み物も利用するときは、熱が上に上がっていくので蓋付きのマグカップ(コップ)の方が保温力があり、そちらがおすすめです。

 

 

私は、この保温マグカップに夏場はミネラルフォーターに氷を入れて、冬場はお茶やコーヒーを入れて使っていて一年中、役に立ってとても便利ものです。

タイトルとURLをコピーしました