SLIK compact2 コンパクト2 三脚 購入レビュー

一眼レフカメラEOS 60Dの卓上用三脚として、小型三脚 SLIK compact2 コンパクト2を購入したのでレビューします。

以前、一眼レフの室内撮影用に三脚のバンガード Espod 203APを購入しました。こちらはサイズが大きいため、テーブルに載せて、物を撮影する用途には向きません。

そこで、今回小型で、一眼レフの重さにも耐えられる、コンパクト三脚の「SLIK 小型三脚 compact2」を購入しました。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2がアマゾンから到着の箱

毎度のアマゾンで購入です。いつものアマゾンの箱に入ってきたので、違う商品が届いたのかと思いました。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2の箱

以前購入した三脚が大きいので、こんなコンパクトだとは想像外だったのです。もちろんサイズを見て買ったのですが・・・

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2の箱・本体・袋カバー

三脚の他に、袋のカバーとマニュアル、保証書が入っています。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2の全体

最小サイズ時の三脚。高さは約36センチです。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2

雲台を回した様子。ハンドルレバーも短めです。

 

雲台横向き

横から見た様子。SLIKのシールが張られています。

 

パンハンドル

上から見た様子。

 

カメラネジツマミ

カメラネジは、ツマミでしめるタイプです。先日購入したバンガード Espod 203APは、硬貨を使ってネジしめをするタイプでしたので、手間がかからず楽です。

 

レベラー・水準器

三脚中央には、水準器もあります。

 

雲台のカメラネジつまみ

雲台はこの角度まで傾けられます。

 

ロックレバー・クランプ部分

脚のロックレバー部分。若干固めですが、しっかり固定できます。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2のゴム足

三脚のゴム足部分。テーブル上でも滑らず使うことが出来ます。

 

三脚の足の幅

脚の幅は22センチで、幅が限られるスペースでも設置が出来ます。

 

コンデジのLX3をSLIK 小型三脚 コンパクト2に設置した様子

コンパクトデジカメのDMC-LX3を設置した横からの様子。

 

コンデジのLX3をSLIK 小型三脚 コンパクト2に設置した様子2

同、裏側の様子。

 

一眼レフのEOS 60DをSLIK 小型三脚 コンパクト2に設置した様子3

一眼レフカメラ Canon EOS 60Dを設置した様子。

SLIK 小型三脚 コンパクト2は、搭載カメラの重量1kg以内ですが、このEOS 60D本体(755g)+レンズ EF–S18–135 IS(455g)の組み合わせでは、重量オーバーなんです。

が、何とか耐えて使えるようです。小型三脚は、これしかないので仕方ないですね。

しかし、やはり1kg超えは保障外の使い方で、若干不安定です。万一倒れたら高価なレンズが破損する危険性があり、お勧めできないです。

完全に自己責任的な使い方です。

 

一眼レフのEOS 60DをSLIK 小型三脚 コンパクト2に設置した様子2

横から見るとこのような感じです。

 

一眼レフのEOS 60DをSLIK 小型三脚 コンパクト2に設置した様子

実際にモノを撮影する時の様子。

 

一眼レフの手持ち撮影

暗い室内で手持ち撮影だと、私の場合シャッタースピードは、1/100以上無いとブレることが多いです。

 

一眼レフ三脚使用撮影

これが、三脚を使うことで、手振れの心配がありません。シャッタースピード1秒で、ISO 100のノイズが少ない画像が撮影出来ます。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2を付属の袋に入れた様子

三脚を袋カバーに入れた様子。長さは、カバー込みで、38センチ位です。

 

SLIK 小型三脚 コンパクト2の重さ

重さは公式で570g。体重計だと大まかなので0.6kgと表示されました。

というわけで、一眼レフ用に購入したSLIK 小型三脚 コンパクト2ですが、約1,600円(送料込)とリーズナブルで、大変満足しています。

上記の画像例でも挙げましたが、三脚を使用するとブレがなくなるため、シャッタースピードが遅くすることが出来、明るくて綺麗な写真が取れます。

 

 

小物などを綺麗に撮影したい人は、値段も安いですし、ぜひお勧めしたい三脚です。