[PR] 記事内に広告が含まれています

PDFの文章・文字のコピー、内容の編集を出来ないようにする設定方法

Acrobat/PDF

Acrobat

Adobe Acrobatで「PDFの文章・文字のコピー、内容の編集を出来ないようにする設定方法」について説明します。

PDFファイルのテキスト・画像をコピーさせたくない」「PDFの内容を編集させたくない」と、考えている方は場合にご参考ください。

 

ここでは、Windows PC・パソコン版のAcrobatで説明していきます。Macの方はご自身の画面と置き換えてご覧ください。

また、説明画像では2023年11月の時点で一部で、先行配布されているAcrobatの最新版を使っていますが、操作手順は旧バージョンでも一緒なので、ご自身の使っているバージョンに置き換えて読んでください。

 

AcrobatでPFDの文章のコピー・内容の編集を出来ないようにする設定方法

文章の上で右クリックしてメニュー出す

AcrobatでPDFを表示します。表示されているページ上にマウスカーソルを持って行き、(1)右クリック」をします。

表示されたメニューから(2)文章のプロパティ(D)…」を選択・クリックします。

 

セキュリティタブのセキュリティ方法を選択

「文章のプロパティ画面」が表示されるので、

(1)セキュリティ」タブをクリックし、(2)セキュリティ方法(M)」をクリックし「パスワードによるセキュリティ」を選択します。

 

パスワードによるセキュリティの画面

「パスワードによるセキュリティ – 設定」の画面が表示されるので、

権限の項目で、(1)文章の印刷及び編集を制限。これらの制限設定を変更するにはパスワードが必要(R)」にチェックを入れます。

(2)印刷を許可(N)」は「許可しない」「低解像度(150dpi)」「高解像度」から選べます。印刷できるようにしても良い場合は「高解像度又は低解像度(150dpi)*」を選択してください。

* 低解像度を選択した場合、印刷時内容がぼやけたり・ギサギサしたりします(質の悪い印刷になる)。特に問題が無ければ高解像度を選んでください。

(3)変更の許可(W)」はPDFの内容を変更できないようにする設定です。ここは「許可しない」を選んでください。

(3)の下にある「テキスト、画像、およびその他の概要のコピーを有効にする(E)」にチェックを入れないと、PDFの文字・画像を選択してもコピーが一切できなくなります。

変更の許可(W)の項目では、
ページの挿入、削除、回転
フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名
注釈の作成、フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名
ページの抽出を除く全ての操作
から、細かく設定が選べます。

 

パスワードによるセキュリティの画面でOKボタンを押す

設定が全て終わったら、右下にある「OK」ボタンをクリックします。

 

設定した制限の適用について

権限パスワードで設定した制限は、すべてのAdobe製品に適用されます。ただし、この設定を完全にサポートしてないサードパーティー製品を使用した場合、設定した制限の一部が適用されないことがあります。

平たく言うと、Adobe製品以外のPDF編集・閲覧ソフトでは「印刷できない設定や文字をコピー出来ない設定が機能しない場合がありますよ」というお知らせです。

一般的なPDF編集・表示ソフトでは機能すると考えて大丈夫なので「OK」ボタンを押します。

PDFはAdobeが開発・作成したものですが、どのパソコン・スマホ等で広く使えるように、PDFの仕様(仕組み)を無料で公開しています。Adobe以外の会社が作っている「PDFを表示・編集できるソフト」のことをサードパーティ製品といい、PDF編集ソフト「いきなりPDF」やネット閲覧ソフトの「マイクロソフトのEdge、グーグルのChrome」などが該当します。

 

パスワードの再入力

権限のパスワード確認
権限パスワードを確認してください。後で文章の設定を変更するときに必要になりますのでパスワードは忘れることのないようにしてください。
注意:文章を開くパスワードが設定されてる場合でも、権限パスワードを使用して文章を開き、セキュリティ設定を無視することができます。

(1)に先程入力したパスワードを再度入力して、(2)OK」ボタンをクリックします。

 

セキュリティの適用について

セキュリティ設定では、文章を保存して閉じるまで適用されません。セキュリティ設定の変更は、文章を閉じるまで続けることができます。

文章を確認し「OK」ボタンをクリックします。

 

文章に関する制限の概要

先程の「文書プロパティ」の画面に戻るので下にある「OK」ボタンをクリックします。

上記画像の「文章に関する制限の概要」項目で「文章の変更」をはじめ、全て許可と表示されていますが、先程の警告文章の通り、PDFが保存されるまではセキュリティ設定は変更されませんので、そのまま「OK」ボタンを押します。

 

 

続いて「メニュー」をクリックし「上書き保存(S)」をクリックします。

 

Acrobatの旧バージョンの場合

PDFをメニューから上書き保存

以前のAcrobatをお使いの方は、メニューバーの「ファイル」から「上書き保存(S)」をクリックしてファイルを保存します。

 

PDFの文章・文字がコピー出来ないことを確認する

PDFのテキスト文字を選択*し、「メニュー」から「コピー(Y)」を選ぼうとしますが、グレーアウト(文字が薄くなっていて機能が無効化)しており、文字・文章をコピーすることができません。

*文字の先頭にマウスカーソルを持って行き、マウスの左ボタンを押しながら文字をなぞる

 

Acrobatの旧バージョンの場合

PDFのテキストを編集する

Acrobatの旧バージョンでも、テキスト文書を選択後、上部にあるメニューから「編集(E)」をクリックし「コピー(C)」の項目を見ると、グレーアウトになってやり、文章・文字がコピーできないことの確認できます。

 

PDFが編集出来ないことを確認する

PDFの文字がコピーできなくなる

続いて編集できないことも確認します。PDF上のテキストを選択後、マウスの右クリックを押し「テキストの編集(I)」をクリックします。

 

間違えてパスワードを入力したとき

すると、

「宮沢 賢治 作品.pdf」は保護されています。権限パスワードを入力してください。パスワードをお持ちでない場合は、文章の作成者にお問い合わせください。
パスワードの入力(E)

と表示され、PDFの文章を変更しようとすると、パスワードの入力を求められます。

 

パスワード入力要求

先程の画面で「キャンセル」ボタンをクリックをすると「これは保護された文章です。編集は許可されていません。」と表示され、編集できないことが確認できます。

 

キャンセルした時

先程の画面で間違ったパスワードを入力すると「パスワードが正しくありません。Caps Lockがオンでないことを確認した上で、入力し直してください。」と、表示され編集画面に進めません。

 

文章が編集できるようになった

先程の画面で、(1)正しいパスワードを入力し、(2)OK」ボタンをクリックします。

 

パスワードを入力してOKボタンを押す

すると、編集モードに切り替えることができました。

このようにして、PDFを渡した相手に編集させたくない場合などに、パスワードを使ってPDF文章を保護する方法があります。

学校での配布プリント・ビジネス書類や請求書、報告書などで、変更の必要・を変更されたくない場合などに、PDF文章の保護機能を利用してみてください。

 

コメント