iPadのカメラレンズにゴミ混入で新品に交換して貰いました

それは、突然の出来事でした。

ある日、iPadで写真撮影をしたら、画像に大きく黒い物体が記録されてびっくり。

カメラレンズ部分をよく見てみると、ゴミがあります。

 

ipadのカメラにゴミが・・・

レンズの上部分にゴミがあります。このサイズでは分かりにくいので、トリミングした画像を。

 

ipad camera lens trash

レンズの拡大部分。振動を与えるとゴミが移動するようです。

というわけで、銀座のアップルストアへ行って、除去してもらうことにしました。

 

銀座のアップルストア

行ったのが、平日の夜ですが凄い人。一階のスタッフに事情を説明すると、奥にいる受付に通され、状態の確認後、修理の受付をすることに。

iPadのシリアル番号と私の名前をスタッフが持っているiPad2に入力していきます。そしてメールアドレスのみ、私が直接入力して受付終了。

受付カウンターは4階とのことで、エレベーターで4階へ向かいます。

エレベーターに乗って、4階の数字を押すも、反応がありません。仕方ないので、乗り合わせた人に反応しないんですけど、、、と聞いたら、周りいた数名が一斉に、すべての階に止まるから、ボタンでないとのこと、教えてくれました。

予想外の仕様に思わず、えーーーーと口走ってしまいました(皆さん来なれてますね)。

ここがアップルのお店ではなければ、絶対に不良品のエレベーター扱いですよ。アップルだから許されるという。。。

で、4階に着いて、スタッフに本体を見てもらったら、あっさり本体交換になりまた。カメラのカバーを外してゴミを取り出すことはできないそうです。

保証期間内なので、もちろん無料です。領収書を持参しましたが、不要とのこと。理由を聞いたら、シリアル番号から購入日が分かるようになっている為とか。さすがアップル。この辺は徹底してます。

ここで、問題が発生。本体には、ブルーライトをカットする液晶保護フィルムを張っていたのですが、これを沢山の人がいて、ホコリの舞う、アップルストア内で、新品の本体に張り替えることに(笑)

スタッフの方も、ここでは埃が入ってしまうとか、アップルはretinaディスプレイを生かすために保護フィルムを張るのは推薦していない、などお話されてきて、いやこれはただの保護フィルムではなくブルーライトをカットするタイプなんですとか、話しながら張り替えることに。

何とか張り替えに成功して、アップルストアを後にしました。

そう、受け取り時にサインをするのですが、紙ではなく、なんとiPhoneの小さい画面に指で書くのです! 当然、書きにくいので、幼稚園生が書いたような、恥ずかしい字になってしまいました。

補償内容の書類は、先程入力したメールアドレスに送られてきました。

 

Genius Bar サービス見積書およびサービス確認書

 

保証が効かないと、24,571円が請求されるようです。カメラのホコリ程度なら我慢した方がいい金額ですね。

というわで、アップルストアで修理を依頼する時は、数々のトラップが仕掛けられてありますので、心して行ってください。

タイトルとURLをコピーしました