ブラウン シンクロ システム ロジック 7680 充電池取り外し

ブラウンのシェーバーが故障したので、処分のために充電池を取り出しました。

機種は、ブラウン シンクロ システム ロジック 7680です。充電池交換できれば良かったのですが、充電池の仕様がわからなかったので、取り出して処分することにしました。

 

ブラウン シンクロ システム ロジック 7680

自動洗浄、液晶付きなど当時はハイスペックだったシステム ロジック 7680

 

充電端子の左右、上と下4か所に爪がありますので、細いマイナスドライバーで開きます。

 

このような感じでカバーが外れます。

 

このような感じでカバーが外れます。

 

ブラウン シンクロ システム ロジック 7680の3枚おろし。

 

裏側の4か所のネジを外します。少し変わった溝のネジですが、マイナスドライバーで外せます。

 

内部はシンプルな構造でした。

 

ヘッド部分と基盤は、端子が重なっているだけでケーブル的な接続はありません。

 

ヘッドの駆動は、ミニ四駆で使われているようなモーターでした。

 

基盤の表側。

 

充電池のアップ1。FFHの文字。

 

充電池アップ2。マイナス極面にHRの文字。

 

充電池アップ3。基盤に側と両面テープで固定されていた部分に書かれた文字。

KF5
312
13
Y

と、書かれています。充電池の型番なんでしょうか。

もろに「エネループ」とかだったら自分で交換できますが、詳しくわからないのでやめました。充電池は下手すると高熱になったり危ないので、おとなしく新しいものを買った方が無難です。

取り外した充電池は、今度ビックカメラへ行った時にリサイクルに出してきます。新しく購入したシェーバーのレビューを掲載しました。

タイトルとURLをコピーしました