[PR] 記事内に広告が含まれています

アクシストリートのヘッドライトが点かなかったので修理する

バイク

アクシストリートのヘッドライト点かない

プールの帰りにバイクで乗って帰ろうとしたら、ヘッドライトがつかない(不灯)ことに気づきました。

薄暗くなる夕方の時間帯だったので、慌ててバイク屋さんに電話したところ、今から来れば見てもらえるということなので、向かいました。

 

ヘッドライト不灯の修理明細書

バイク屋さんが、バイクのライト部分を分解し、電球部分を確認すると、電球ソケットから電球を抜き、電球とソケットの錆びを、針金のような歯ブラシを使って取りはじめました。

その後、電球を元に戻しエンジンをかけたところ、無事にライトが点灯するようになりました。

ヘッドライトがつかなかったのは、サビによる電気が流れないことが原因になったようです。

その場ですぐに直ってよかったです。修理料金は1,200円でした。