渋谷区の海抜を調べてみた

東京都渋谷区で、目印となる一部の駅・学校・施設・お店の海抜・標高を調査してみました。地震や津波、台風・大雨による洪水・浸水・川の氾濫・堤防決壊・水害が発生した時、避難する場合にご参考にください。

 

地図・マップで「東京都渋谷区」の位置を確認すると、上記のエリア・場所・範囲になります。では、各場所の標高が何メートルか見ていきましょう。

 

渋谷区の海抜一覧

施設名海抜/
標高
住所
広尾駅12m南麻布5丁目15
恵比寿駅15m恵比寿南1丁目5
代々木公園駅/代々木八幡駅22m富ヶ谷1丁目6
明治神宮前駅22m神宮前6丁目30
代官山駅26m代官山町19-4
代々木上原駅27m西原3丁目8
参宮橋駅28m代々木4丁目6
南新宿駅28m代々木2丁目30
原宿駅29m神宮前1丁目18
渋谷駅30m渋谷2丁目
北参道駅30m千駄ヶ谷4丁目7
神泉駅31m神泉町4
千駄ヶ谷駅33m千駄ヶ谷1丁目35
代々木駅36m千駄ヶ谷5丁目24
新宿駅38m西新宿1丁目1-3
幡ヶ谷駅39m幡ヶ谷2丁目1
初台駅/新国立劇場42m本町1丁目1
笹塚駅42m笹塚1丁目56

※海抜は各地図サイトで施設の中心付近又は前の道路を測定し、四捨五入したもので誤差があり参考値です。一般的に建物の1階分の高さは約3m(10階なら30m)です。

調べた結果、一番低い海抜は「広尾駅の12m」で、一番高い海抜は「笹塚駅の42m」でした!

いざという時のために、Amazonでベストセラー1位獲得「保存期間5年! 水で戻せる、まぜご飯パック」を用意して、災害時に備えておくのも良いかと思います。