[PR] 記事内に広告が含まれています

名古屋市中区の海抜を調べてみた

海抜

愛知県名古屋市中区で、目印となる一部の駅・学校・施設・お店の海抜・標高を調べてみました。

地震や津波、台風・大雨による洪水・浸水・川の氾濫・堤防決壊・水害が発生した時、避難する場合にご参考にください。

 

地図・マップで「名古屋市中区」の位置を確認すると、上記のエリア・場所・範囲になります。では、各場所の標高が何メートルか見ていきましょう。

 

名古屋市中区の海抜一覧

施設名 海抜/
標高
住所
東別院駅 6m 平和1丁目2
鶴舞駅/鶴舞公園 7m 千代田5丁目23
矢場町駅 7m 栄3丁目31 3 丁目 31
上前津駅 8m 大須4丁目11-15
大須観音駅 9m 大須2丁目11
伏見駅 9m 錦2丁目17
金山駅 10m 金山1丁目17-18
新栄町駅 10m 東区葵1丁目20
丸の内駅 11m 丸の内2丁目9
栄駅/栄町駅/オアシス21 12m 栄3丁目5-12
市役所駅/名古屋市役所/愛知県庁 14m 三の丸3丁目1
東大手駅 15m 三の丸4丁目3
千種駅 18m 内山3丁目24

※海抜は各地図サイトで施設の中心付近又は前の道路を測定し、四捨五入したもので誤差があり参考値です。一般的に建物の1階分の高さは約3m(10階なら30m)です。

自宅など、特定の場所の海抜を知りたい方は「海抜・標高を調べるマップ・地図サイトを3つ紹介します!」のページをご覧ください。

調べた結果、一番低い海抜は「東別院駅の6m」で、一番高い海抜は「千種駅の18m」でした!

 

いざという時のために、Amazonでベストセラー1位獲得の「アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存)」を用意して、災害時に備えておくのも良いかと思います。

 

関連記事

海抜と標高の違いってなに? その答えは・・・
海抜を調べて過程で、「海抜」と「標高」とどちらかの言葉で記載されているのを見かけたことがあると思います。 この2つの言葉の違いは、何な…
海抜・標高を調べるマップ・地図サイトを3つ紹介します!
自分の住んでいる所の海抜を知りたい方に、地図から海抜・標高を調べられるサイトを3つ紹介します。 東日本大震災以降、津波に対する意識が高…