AcrobatでPDFページを回転させる方法

横向きになっているPDFページ

PDFで、横向きになっているページを回転させ縦にする方法を紹介します。

例えば、下記はScanSnapの例ですがスキャナーで書類を読み込む時に、読み取りモードオプションで、

スキャナで読み取り方向を自動で認識

「原稿の向きを自動で補正する」にチェックが入っている場合、誤って一部のページが、本来縦向きなのに横向きで読み込まれる場合があります。

このような場合、方向を修正するのに便利です。

 

Acrobatの「ページを整理」機能でPDFページを回転させる

横向きになっているPDFページ

右側にツールパネルが表示されていない人は、右側のグレーの部分をクリックします。

 

ページを整理を選ぶ

ツールパネルウインドウ内の上から6番目にある「ページを整理」をクリックします。

 

無料版のAdobe Readerをお使いの場合は「ページを整理」をクリックすると、有料のAcrobatの契約案内が出てきます。

その場合は、契約をするか1年契約のカードをアマゾンで購入すると回転機能が使えるようになります。

 

回転させたいページを選ぶ

すると、ページ一覧画面になり、現在表示されているページが水色で囲まれています。

このページにマウスカーソルを持って行くとページ操作するメニューが現れ、ページを回転させることが出来ます。

メニューの上から、

  • 左向きに回転
  • 右向きに回転
  • 現在のページを削除
  • その他操作

になります。

 

回転後のPDFページ

左向きにページを回転させ、縦向きに直した後の様子です。他にも回転させたいページがあれば、該当ページを選んで同様に作業します。

作業が完了したら、右上にある「閉じる」ボタンを押します。

 

ページ一覧の画面が小さいと感じる方へ

サムネイルページの大きさを変えられる

ページ一覧画面の下あるスライダー(メモリ)を右側にずらすと、ページ一覧のサイズが大きくなります。

逆に、左側にずらすと、ページ一覧の画面が小さくなります。

 

上書き保存を行う

最後に、メニューバーの「ファイル(F)」から「上書き保存(S)」をクリックして、PDFファイルを保存して完了です。

保存しないと、回転させた状態が元に戻ってしまうので注意してください。

 

複数のPDFページを一括で回転させたい場合

複数のページを指定する

複数のページを一括で回転させたい場合は、キーボードの「Ctrl」キーを押したまま、該当ページを次々クリックしていきます。すると該当するページに水色の枠が付きます。

続いて「ページを整理」メニュー欄から「回転ボタン」をクリックします。

 

複数のページを回転させる

複数選択したページが一括で回転されました。

 

一度に全部のPDFページを回転させたい場合

すべてのページを選択

全てのページが横向きになっていて、一度に縦向きに直したいという場合は「ページ範囲を入力」の横にある小さい▼を押すとメニューが現れます。メニューには

  • 偶数ページ
  • 奇数ページ
  • 横長ページ
  • 縦長ページ
  • すべてのページ

があります。ここでは「すべてのページ」をクリックします。

 

回転させる向きを選ぶ

すると、すべてのページが水色の枠で囲まれました。この状態で「ページを整理」メニュー欄から「回転ボタン」をクリックします。

 

全てのページが回転する

これで、すべてのページが横向きから縦方向に変わりました。後は先程の要領で「閉じる」→「ファイル(F)」→「上書き保存(S)」で、PDFファイルを保存して完了です。

タイトルとURLをコピーしました