100均で切り花の延命剤を買いに行った

生け花延命剤

切り花(仏花)を買ったんで、長持ちさせるために、延命剤を買おうと、100均のダイソーに行きました。

以前、別の店舗で見かけたのですが、今回行ったダイソーには置いてありませんでした。大きいダイソーじゃないと取り扱っていないのかな?

という訳で、アマゾンで購入しまた。

 

切り花延命剤とは?

切り花の延命剤

この昭和を感じさせるデザインは・・・きっと昔からある商品なんでしょう。

 

「バクテリア・カビ等の発生を抑制しきれいな水を保ち、水揚げを持続させます」とのこと。

これは頼もしい! 因みに内容量は480mlです。

 

成分は「多糖類、防腐剤、pH調整剤、精製水」とのこと。レインボー薬品が作っている商品です。

 

水100mlに対して3ml、水500mlに対して15mlを入れて薄めて使います。

一般的には100mlで十分だけと思うので、この切り花延命剤は480ml入っているので、3mlで割ると160回分使えることになります。

おお、100均のダイソーで、切り花延命剤を買うより全然お得です!

 

切り花を長持ちさせるには花瓶をキレイにすることから!

100均のダイソーで購入した哺乳瓶を洗うスポンジ棒。これを使います。

 

花瓶から生花を取ります。 そして、100均のダイソーで購入した哺乳瓶を洗うスポンジブラシで花瓶の中をよく洗います。

これで、 花瓶の中の水垢や雑菌が、 洗い流され雑菌の繁殖が抑えられます。

 

次に生け花の根元です。 色が変色して腐りかけてる部分を切り落とします。 画像に写っている3本のうち一番上の生花が一番変色しています。

 

生け花用のハサミで腐ってる部分を切り落とします。 この時に斜めにカットすると水を吸う面積が増え、生け花が生き生きします。

 

斜めにカットした生花の根本の様子。

 

最後に一本一本ずつ根元を水で洗い、付着している 水垢・雑菌を 洗い流して落とします。

 

実際に切り花延命剤を使ってみる

哺乳瓶用のスポンジできれいに洗った花瓶に 水を入れます。

 

切り花延命剤を付属の計測カップに入れます。

 

水を入れた花瓶に生け花延命剤を入れます。 入れ替わった後は花瓶をくるくる回して均等に薄めます。

 

最後に生け花を戻して完成です。 夏場は氷を入れると菌の繁殖が抑えられ花が長持ちするそうです。

今回買った生け花延命剤は、480ml入っていて、さらに薄めて使うということで 通常の使用であれば160回使える計算になります。

当初、100均のダイソーで買った方が安かったかなと思いましたが、 結果的にAmazon で買った方が安く買えたということで良かったです。

 

タイトルとURLをコピーしました