Windowsでビデオカードの種類を確認する方法

PCI Express x16 ビデオカード端子を削りx1に加工・改造する
クアッドモニター(4モニター)にする必要があり、ビデオカードを増設する必要が出ました。 私の使用しているマザーボードP5QはPCIe(PCI Express)のx16バスが一つしかなく残りは、PCIe x1とPCIバスです。 そ...

 

上記の記事の続編として、自分が使用しているパソコンのビデオカードの種類(GPU)を確認する方法を紹介します。

 

WindowsXPの場合

ビデオカードの種類を確認する方法

WindowsXPが起動した後、アイコンなどが何もない画面上で、マウスの右クリックしてメニューを出し、「プロパティ」を選択します。

 

「画面のプロパティ」が表示されるので、「設定」のタブを選択すると、ディスプレイの項目に、表示されている、GPU名が表示されます。

 

Windows Vista/7/8の場合

Windowsが起動した後、アイコンなどが何もない画面上で、マウスの右クリックしてメニューを出し、「画面の解像度」を選択します。

 

「詳細設定」をクリックします。

 

「アダプターの種類」で、表示されているGPU名が表示されます。

 

ビデオカード、GPUなどについて

画像を作り出す電子部品がGPUといわれるもので、現在一般向けでは、「AMDのRADEON*」シリーズ、「NVIDIAのGeForce」シリーズ、「intelのHD Graphics」シリーズの3つに分けられます。

*RADEONはATIという会社が製造していましたが、AMDに買収されました。その名残から、ビデオドライバーや商品名にATIというブランド名前が付いています。

そのGPUを購入し、ビデオカードを製造しているのが、SAPPHIRE、MSI、GIGABYTE、玄人志向などの各メーカーです。

上のビデオカードでいうと、銀色部品(の下にあるGPU)を購入して、基盤やいろいろの部品を組み合わせて作ったのが、各メーカーとなります。

 

ビデオカードを2枚刺しする場合は、なるべく同じGPUに合わせた方がいいと書きました。

つまり、上の方法で、使用しているGPUを確認し、同じシリーズを買えばいいということになります(RadeonならRadeon、GeForceならGeForceです。型番も近いものを選ぶと無難かもしれません)。

ただ、Intelだけは、ビデオカードとして発売されていない為(GPUの機能はCPU又はチップセットとして組み込まれている為)、この場合は、好みでRadeonかGeForceを選んでいいと思います。

 

AMD Radeonシリーズ

 

NVIDIA GeForceシリーズ