100均ダイソー ステンレスハンガー購入レビュー

ダイソーとロフトのステンレスハンガー比較

100均のダイソーでステンレスハンガーを購入したのでレビューします。

上記画像の左側はダイソーで購入したステンレスハンガー、右側はロフトで購入したステンレスハンガーです。ロフトのハンガーは3本で400~500円ぐらいだったと思います。

ロフトの方はうん十年前に購入し、使い続けたにも関わらず、素材がステンレスのため、サビや劣化等は一切ありません。

ロフトの方は、使い続けて不満はなかったんですが、たまたまダイソーで目にしたステンレスハンガーの方が、デザインがシンプルでとても気に入り、全部ダイソーの方に切り替えることにしました。

セリアでもステンレスハンガーがありましたが、1本100円(税別)と倍の値段だったので、購入を見送りました。

 

100均ダイソーのステンレスハンガー2本セット

ダイソーで購入してきたステンレスハンガーです。2本1組で税別100円です。以前購入したロフトのステンレスハンガーよりも安いです。

 

ステンレスハンガーラベル

ステンレスハンガーの長さ・幅は44cmです。

 

ダイソーの41cmステンレスハンガー

44cmの他にダイソーでは、41cmの女性向けタイプと思われる一回り小さいハンガーも置いてあります。

 

ステンレスハンガーのラベル裏側

ハンガー裏側の写真。「炎天下では本体が熱をもつ場合があります」の記述にそういえば、素材が鉄なんで夏は怖いなーと思いました。

 

ステンレスハンガーの先端キャップ

ステンレスハンガーの先端にはキャップが取り付けられています。

 

先端キャップを外した状態

キャップを取り外すとこのような感じです。手で触ってみるとちょっと角があります。以前購入したロフトのハンガーはキャップがなく、先端はツルツル加工がしてありました。この辺が値段の違いでしょうか。

 

中央の溶接部分

ハンガーの中心部分。溶接加工でつなぎ合わせています。以前購入したロフトのハンガーは溶接ではなく、くるくる回して圧着させて取り付けられていました。

くるくるした部分は、見た目がちょっと野暮ったいこともあり、デザインがシンプルな溶接タイプのハンガーに切り替えたいと思ったわけです。

 

左右の凹み箇所

ハンガーの左右には、肩紐がかけられるように、溝加工されています。

 

ステンレスハンガーが歪んでいる

撮影している時に気づいたのですが、ハンガーの左側が床から少し浮いています。安物なのでハンガーが歪んでいるのだと思います。この辺はダイソー品質です。

仕方ないので、手でゆっくりとハンガーのゆがみを直しました。

 

全てダイソーのステンレスハンガーに切り替えた

撮影の間にハンガーラックを変えてしまったので、最初の画像とは違いますが、このようにすべてのハンガーをダイソーのステンレスハンガーに切り替えました。

デザインが統一されとてもシンプルで気に入っています。なお、このステンレスハンガーは、一度商品が無くなるとなかなか在庫が入ってきません。

その場合は、店員さんに言って、取り寄せてもらうといいと思います。

同じデザインのハンガーは、Amazonでも売っていますが、私がちょうどいいと思ってる44cmサイズは、アマゾンでは売ってなかったため、時間をかけてダイソーでこまめに買い足しました。

 

※アマゾンは肩幅のサイズが色々あるので、自分に合ったサイズを選んでください。

タイトルとURLをコピーしました