種類は色々。100均 セリア・ダイソーで爪楊枝を買ってみた

100円ショップにつまようじを買いに行ったら、一般的な丸型タイプの他に色々な種類があり、ちょっと「おおっ」て思ってしまいました。

というわけで、今回は100円ショップのセリア・ダイソーで、何種類かつまようじを買ってきました。

 

100均のつまようじはどんな種類があるの?

今回買った爪楊枝は、左から「ボックスタイプ、ワンプッシュタイプ、円形タイプ」の3種類です。

 

それぞれのつまようじを上から見た様子。これでサイズ感が伝わりますでしょうか。

 

100均のボックス型、爪楊枝を見てみる

白いプラスチックボディと透明なふたで、清潔感・おしゃれ感のあるボックスタイプの爪楊枝。

 

横のラベル。素材:天然木、サイズ:約60mm、入数:約400本。中国製。

 

逆サイドには、バーコード。爪楊枝の製造元は株式会社まるきです。

 

ふたを取った状態。爪楊枝といえば、乳白色の丸いケースに入ったものが大半の為、このような四角い白いケースに入ったつまようじは、都会的というか何気におしゃれに感じます。

 

100均のワンプッシュ型、爪楊枝を見てみる

ワンプッシュで上ふたが開くケースに入った爪楊枝。約200本x2個入。

 

素材:白樺(シラカンバ)、長さ:65mm、入数:約220本x2個。

 

若干、乳白色のボディに、それぞれ200本ずつ爪楊枝が入っている。コンパクトなため持ち歩きにも便利そうです。モバイル爪楊枝。

 

くぼみがある部分を親指で引っ掛けて上にあげると、、、

 

この様な感じでふたが開きます。

 

そして、この状態で爪楊枝を取ります。

 

ふたの隅に開いている穴からおみくじのように、ケースを下向きにして振り下ろすと、爪楊枝が出てきます。

但し、何度か試した所、ある程度爪楊枝の本数を抜いて、ケースに隙間を作らないと出てきませんでした。ちょっと失敗作のケースです。

 

ダイソー 円形型の爪楊枝

100均ダイソーのつまようじ

100均のダイソーで販売している爪楊枝です。500本入りが2パックで、合計約1000本入っています。

今まで紹介した爪楊枝に比べ、ケースにお金はかかっていないためか、本数としては一番多くコストパフォーマンス最強です。

 

円形つまようじの蓋を取る

特にこれと言って感想はないですが、円形だと爪楊枝を取るときに左右の爪楊枝と当たらないため、今回紹介した中で、一番爪楊枝を取りやすいです。

おしゃれ感を重視すると爪楊枝が取りにくく、実用性を重視するとケースがダサくなると言う、悩ましい感じです。

 

つまようじの先端

先端は若干丸みがありますが、つまようじの中では先が尖っている方だと思います。爪楊枝の先が鋭く尖ってるほうが好きです。

最近は安全を重視する傾向で、あまり尖っていない爪楊枝も出回っているため、そのようなものを買ってしまうとがっかりします。

爪楊枝は目立つところに置くものではないので、デザイン性よりも実用性とコストを考え、今後は円形タイプの大容量つまようじを買うことにします。

 

タイトルとURLをコピーしました