ScanSnap S1500用 パッドユニット FI-C611P(0637841)

ScanSnap S1500には、消耗パーツが2つあり、そのうちの一つがこのパッドユニット FI-C611P(0637841)です。

各消耗パーツは、決められたスキャン回数を超えて使うと重送(用紙を読み込むときに複数重なって入り込む)状態が多発します。

消耗パーツは、通常取り寄せかアマゾンで購入になりますので購入に時間がかかります。

用紙のスキャン回数は、ScanSnapのドライバーソフトで確認できますので、たまに数字を確認して期限が近ければ、早めに購入しましょう。

 

新品のパッドユニットチェック

パッドユニット FI-C611Pの表側

 

パッドユニット FI-C611Pの裏側

 

パッドユニット FI-C611Pの横側。メーカーの推薦では、“推奨交換周期は5万枚または1年ごと”となっています。

 

Scanspan S1500に新品のパッドユニットを装着

本体から取り出すときは、パッドユニット左右の白い爪を押して引っ張り上げる感じです。

 

取り外したスペースには、紙カスなどが溜まるので定期的に掃除するといいかもしれません。

 

 

関連記事

ScanSnap iX1500/Xi500/S1500ではじめる本の電子化(自炊)マニュアル
ScanSnapで本の電子化(自炊)をしていると話すと、私にも「本の電子化・自炊の仕方を教えてほしい」と、何度か聞かれるようになり、それならブログで自炊の手順をまとめて公開しようというのが今回の記事です。 本の電子化がどのよう...
タイトルとURLをコピーしました