シーリングライトのLEDは交換できないなんて・・・

本日のニュースで、シーリングライトでLEDタイプが蛍光灯タイプがを逆転したとありました。

普段、シーリングライト売り場など行かないもので、あまり実感がありませんが、またひとつ時代が変わったかなぁと。スマートホンの販売台数がフューチャーホンを超えた感じですね。

 

さて、そのLEDシーリングライトですが、発行部分のLEDが蛍光灯のように交換できないんです。

照明機器本体とLEDが一体となって外せない訳で、いわば使い捨てですね。iphoneのようです。

LED照明は4万時間使用できるので、1日8時間点灯したとして約13年使用できる計算です。

13年毎にシーリングライトを付け替えるのはどうなんでしょ・・・。

なんか電気代ではエコだけど、処分方法ではエコでないような。

 

いや電気代だって、LEDの本体が高い分、相殺されて蛍光灯とそんなに変わらないような。

節電を迫られている企業以外は、手を出すのはまだ時期尚早に感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました