お盆のお迎え用に岐阜提灯を購入

岐阜の提灯

お盆のお迎え用の時に使う提灯を購入したのでレビューします。今までは、提灯の中で模様が回転し、模様が映し出されるお盆用の提灯を3つ用意して、ご先祖様をお迎えしていました。

しかし、昨今の住宅事情や狭い家に引っ越したため、そのようなお盆で使うものが部屋に置けなくなってしまいました。

そこで、代わりに、コンパクトな提灯を購入しました。

 

岐阜の提灯の名刺

Amazonで購入したのですが、中に「滝田商店ブランド証明書」が入っていました。

 

 

岐阜提灯の組み立て

岐阜の提灯の箱を開けた様子

箱を開けると、「提灯・LEDろうそく・組み立て台・電池」が入っています。

 

LED ろうそく

中に入っていた、ろうそく電池灯は「LC-301」という型番でした。

 

ローソク電池灯

超高輝度LED採用、単三電池2本使用などの仕様が書かれています。

 

LED により長時間光る

特徴としては、

  • 超高輝度の明るいLEDを使用
  • LEDの寿命2万時間を実現
  • LEDは明るさ長持ち。マンガン電池使用で50時間、アルカリ電池160時間
  • 本体の底は穴付きのゴム製ですから。お手持ちの提灯の底や燈台に差し込んで使います。

だそうです。

 

LED ろうそくの組み立て方

LEDろうそくに電池を入れる方法が書かれています。上のLED電球を回して外し、その中に単三電池を2本入れるようです。

 

LED ろうそくを開ける

LED電球を合わして外した状態です。

 

LED ろうそくに電池を入れる

付属していた単3電池を2本出ます。

 

LED ろうそくが光ってる時

このような、オレンジ色の明るい光が点灯しました。先程の説明にあった、高輝度は大げさな気がします。

 

提灯に LED ろうそくを組み入れる

ろうそく台に、LEDろうそくと針金を差し込みます。

 

LED ろうそくに提灯をかぶせた状態

その上から、火袋を被せて完成です!

 

上から提灯を除いた様子

上から、ちょうちんの中を覗いた様子。

 

上から電球を切ろうとした様子

火袋を付けた状態で、ろうそくの明かりを消せるかなと試してみたのですが、LED電球をうまくつまめず、ちょっと難しいようです。

 

提灯下ろした状態

明かりを消す時は、このように火袋を下げて消さなければならず、面倒です。

 

ランプを消した渋滞

火袋を下げて、電球を回して明かりを消した状態。

 

提灯の下の縁

火袋も下の縁の接着が頼りなさそうです。

 

LED 提灯を使った感想

このサイズではコンパクトで、場所も取らずにとても便利です。但し、あかりを消す時は、火袋下げて、LED電球を回さなければならず面倒です。

なんで、私は割り切ってお盆の期間はあかりをつけっぱなしにしています。100均で買ってきた4本入りのアルカリ電池を2~3パック買っとけば、お盆の期間中は電池の持つためその方が面倒がありません。

住宅事情の関係で、お仏壇やお盆の道具を小さいものに変えたい人には、便利な商品だと思います。

タイトルとURLをコピーしました