マキタ 充電器DC10WA 緑・赤の点滅で充電不可により交換

前に購入したマキタの充電掃除機 CL102DWに付属していた充電器DC10WA+バッテリーBL1013で、充電するとランプが赤・緑と点滅を繰り返します。

 

 

この点滅は充電不可のシグナルということです。通常は充電池の寿命、または端子の接触不良などが原因ですが、今回は購入して数回しか充電していませんし、端子も汚れなく綺麗です。

そこで、故障の疑いがあるので、マキタ本社へ電話してみました。

一通り説明した後、原因は分からないが、販売店に相談してほしいとのこと。そこで購入店へ電話することに。

事情を説明した後、折り返し電話をもらい、充電器と充電池だけをメーカーに送ってほしいと言われました。

しかし、配送手続きなどは面倒なので、近所のマキタの営業所で交換できないか尋ねた所、手配してくれてOKに。

で、営業所に行って、担当の人が、点滅の不具合を確認。

新しい充電器を取り出して、動作確認をしたところ、同じように赤・緑の点滅が発生。もう一台出して、確認した所、今度は問題なく、無事交換できました。

なんでも、一部のロットに製造上の不具合があって、このように充電できずに点滅するそうです(マキタ本社に電話した時に、そのような話は聞かなかったのに。。。現場と情報共有をしていないんでしょうか)。

自宅でも試してみましたが、無事に充電できるようでよかったです。

 

バッテリーBL1013で、充電するとランプが赤・緑と点滅

交換してもらった新しい充電器とバッテリー。同じ商品なんで見た目は変わりません。

というわけで、長く使っていた場合は、バッテリーの寿命の可能性が高いですので、買い替えると良いかもしれません。