クロックスのサンダルはワンサイズ小さめがいいかもしれない

クロックス サンダル、Classic版を買いました。

クロックスはサイズが大きいと聞いたので、23cmと24cmの2種類を購入し、合わない方を返品することにしました。

因みに、僕の足のサイズは、ニューバランス東京でしっかり計測してもらったら、 23.5cmで、スニーカーのサイズは24cmがいいとのこと。

 

まずはクロックスのサンダルの外見チェック!

ブームが過ぎ去った後の購入です。見た目はプラスチックを柔らかくしたような質感です。

 

横側。クロックスのロゴのワニ?の絵があります。

 

後ろから。ソールが分厚く見えます。

 

踵側。アーチ状を回転させて踵の支えとして使うことができます。

 

つま先側。穴が開いているのでムレの心配はなさそうです。

 

クロックスの履き心地・サイズ感チェック!

まずは、クロックスの23cmを試し履き。おおぴったりです。

 

次にクロックスの24cm。隙間がありますね。歩くと少し浮く感じがあります。

 

23cmのクロックスで、踵のアーチを下した状態。これは少しきつめです。

 

24cmのクロックスで、踵のアーチを下した状態。これは緩めで余裕があります。

 

23cmサイズだと、踵のアーチを降ろした時にきつく感じますが、これはおろして使わないので、23センチのクロックスを選ぶことにしました。

ただ、丁度良すぎるためか、靴下をはいた足で脱ぐ時に、クロックスに引っかかるような感覚があり脱ぎにくい時があります。まぁ何とか許容範囲です。

 

今回、試し履きした感想としては、クロックスのサイズは、23、24、25cmと1センチ刻みですが、これは多分23cm(23-24)、24cm(24-25)と記載サイズから+1センチのサイズを表しているんではないかと思います。

購入するときは、上記のサイズ感覚を目安にすると、ぴったりとしたクロックスが選べるのではないでしょうか。

 

クロックスのその後の使用について

このクロックス、近所のちょっとした買い物で使うつもりでしたが、見た目が子供っぽいのでいい歳した大人が履くのには抵抗があり・・・結局、仕事中に履くことにしました。

仕事中は、スタンディングデスク(机の高さが1mあり立ってパソコンなどの仕事ができる机)を使用しているため、足が疲れますが、このクロックスを履くと疲れにくいです!

 

wikipediaによると、

履く人の体温に反応し、足に合わせ変形し多数の足病治療医のコメントによると医学的に良いとされ、クロックス・ジャパンは人間工学でも証明され、素足で立っているより疲労を62%軽減すると述べている。

と、足に良いらしいです(あれ、素足と書いてあるということは、素足で履かないと疲労軽減効果が減るのかな?)。

 

知り合いの医師や看護婦さんが仕事中にクロックスをは履いていますが、足が楽だと同じようなことを言っていました(僕の感覚からすると病院関係者がこのサンダルを履くのはどうかと思いますが・・・。因みに病院向けのクロックスもあるそうです)。

ということで、若い皆さんや仕事(特に立ち仕事)中のサンダルとして、いかがでしょうか。

疲れにくくお勧めです!

タイトルとURLをコピーしました